Lumix DMC-GF2/M.Zuiko Digital 14mm-42mmで撮影してみる

ということでLumix DMC-GF2/M.Zuiko Digital 14mm-42mmで写真撮影してみた。とはいっても25mm(付近)固定になっていてズームも広角も使えない。中の機構が壊れていて動かすとレンズエラーが出てしまうのである。カメラの性能を見るためにAIオートだけで撮影してみた。

事前の評判通り液晶画面は明るいところではあまりよく見えない。ファインダーがないので却ってあてずっぽうになってしまうのがちょっと困ったところである。ただし、ピントはバッチリあってくれるので失敗写真を撮影することはない。何を撮ってもそれなりに写ってくれる。

いつもはEOS Kiss Digitalを使って構図を決めてから手動でマニュアルを合わせて撮影しているので、これくらい簡単に撮影できると却って雑になってしまう。カメラの大きさはSONY α100と比べても小さいので持ち運びは楽だ。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

まず、近くにピントを合わせたもの。意外にちゃんと背景がボケるんだなと思った。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

もう少しはっきりと手前のオブジェクトを狙ってみた。さすがにこれはきれいに背景がボケてくれた。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

視点をあげて遠くの木を撮影してみる。これはコンデジっぽい。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

逆に近くのものをボケさせて遠近感を出す。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

これが今回一番綺麗に撮影できたと思う。椿の花と葉が照っている。当たり前のことだが光の加減を観察して逆らわないようにすると良い写真が撮影できる。逆光でも撮影してみたが逆光がうまく補正されることはなかった。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です