CANON EOS D10

EOS D10

しばらくぶりにハードオフを覗いたらEOS D10が2,000円で売られていた。不要不急の外出をしてはいけないことになっているのにたまに覗くと欲しいものが見つかってしまう。低価格だったのは電池も充電器もないので動作確認ができないからだそうだ。

EOS Kiss Digitalと電池・充電器が共有なので確認したところ問題なく動作するようだ。1日迷ってから買うことにした。

結論からいうと、EOS Kiss Digitalとそれほど違いはないので特に買う必要のないカメラではあった。Wikipediaによると2003年に出たハイアマチュア用のカメラだという。この半年後にEOS Kiss Digitalが出ていてスペックはそれほど変わらない。電池・充電池・ソフトウェアともにEOS Kiss Digitalと同じものが使える。

もちろん違いも少しある。まず操作系が異なる。EOS Kiss Digitalの操作系はあまり評判が良くないようだが、ボタンが少ない分だけ単純で使いやすいと思った。どうやら拡大・縮小ボタンのうち縮小ボタンが壊れているようだ。連写性能が少しだけ優秀らしいのだが連写はしないのでよくわからない。

SONY α100

期待していたのはフォーカス機能だった。この時代のEOSはあまりオートフォーカス性能がよくない。EOS Kiss Digitalは顔認証して合わせてくれないのだ。一応オートフォーカスがサーボとワンショットから選べるのだが無駄だった。やはりセルフタイマーなどは置きピンしなければならない。

同じ時代でもSONYのα100はきちんと顔を見つけてピントを合わせてくれる。

ただ、ピントはマークをつけておいて事前に合わせておけばいい。基本性能に問題はなくカメラとしては使いやすい。

システムと合わせて使う場合には古いパソコンを持っていなければならない。Macをつかっている場合にはOS10.5を持っているとシステムが合わせやすい。ただし、USBが1.0なので取り込みが極めて遅い。

EOS D10を使うためのシステム

  • Mac OS 10.5.8
  • EOS Utility 2.9.1
  • Remote Capture 2.7.4.23

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。