隙間に棚を作ろうとして小失敗した話

最近YouTubeばかり見ている。最初は中古Macを扱っているアメリカのサイトを見ていたのだが、そのうちDYIで古いPCをリサイクルするイギリスのチャンネルにはまった。手際が見事であり自分でもできそうな気がするのである。ついに我慢できずにやってみることにした。ただ、最初から大きなものを作ると後悔することはわかりきっていたので、小さな飾り棚を作ることにした。

まずホームセンターで2X4規格の板を探して来た。ちょうどキーボードが乗る大きさにしようと棚板は1X6にした。

以前作ったMDFボードの棚にはMacMiniのスイッチが押しにくいという不具合があった。
寄せ集め感があり雑然としているのも難点だ。

一度、棚を作るプロジェクトをやったことがあるのだがこの時は色々なものを置きすぎて結局収まらなくなってしまった。そこで今回はモニターの高さを合わせて、その高さに合わせて棚を作ろうと思った。アクティブスピーカーなどは撤収である。

今回はScketchUpで図面を書いている時が一番楽しかった。失敗してもやり直せるからである。いろいろやってみてキーボードが乗る台を作ることにした。Appleキーボードは奥行きが12cmあり長さが44cm程度である。2×4規格だと6が14cmになる。3F(91.4cm)の物にすると2本取れる。ちなみに高さが調整できないiMac21.5inch(mid 2010モデル)は高さが46cmくらいある。MacMiniのモニターをマウンターでこの高さにに合わせて、台もそろえると高さも45cmくらいでいいようだ。ホームセンターで切ってもらえばいいので加工はしなくてもいいことになる。

ここまでは順調だったが、結果としてはちょっと失敗したと思う。まず第一にネジの適当な長さがわからなかった。貫通させるならもっと長いネジが必要だった。板厚の二倍というのが相場なのだという。いちおうちゃんとついてはいるが若干心もとない。

次に補強金具とネジの経を合わせなければならないと言うことを知らなかった。一応、ロイヤルホームセンターの人に聞いて見たのだが、何も教えてはもらえなかった。とにかく「ここにあるものから選べ」と言う。

このようにして始めてしまったので全体工程がわからず「とにかく組み上げてしまえばいいのだ」と思った結果ガタガタになってしまった。

ここで固定金具をネジで止めるのは諦めて瞬間接着剤で止めることにした。一応形にはなったがどうも歪んでいる。これをどうやったらきれいにできるのかが次の課題だ。ネットで調べたところ角材を挟んで整えるのだそうだ。

今回作った棚はこう言う形なのだが、予算内に収めることだけを考えていて構造のことは全く考えていなかった。

コーナークランプという道具を使うといいらしいのだが、流石にそこまではやりたくない。実際には補強をつけて直角を保つのだそうである。おそらく木工ボンドもちゃんと買って強度を保って作るのだろう。一回作ると「こうやればよかった」とというイメージは湧く。おそらく最初に棚板を作ってあとで支柱をつけてやるといいのだと思う。だが、実際に手を動かして作業する前には「こういう補強をすべきである」と言うようなイメージは全くできなかった。

おそらく、棚板の厚さを考慮した上で揃えて金具をつけて置いたり……

添え木をして垂直を取りながら角材ではなく板をついだ方が綺麗に作れたのだと思う。実際に作るまで「垂直を取るのが難しい」ということを知らなかったので、失敗したからこそわかるのだが……

予算は合計1128円だった。1000円を少しこえてしまった。

  • ホワイトウッド:1x6x3Fを1本
  • ホワイトウッド:1x1x3Fを2本
  • ステンレス皿木ネジ
  • 金折金具4個セットを2セット
  • 瞬間接着剤(ゼリータイプ)

ただ、実際にやってみて「とりあえず上の辺を揃える」だけで随分と整った感じになるんだなあと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です