AppleワイヤレスマウスA1197がブチブチ切れる問題

Appleワイヤレスマウスを買ってきた。これでMacMiniの環境を整理できるはずだった。だが実際にはブチブチ切れて使い物にならなかった。

ワイヤレスマウスA1197

Bluetoothのせいだろうかと考えたり中の掃除をしたほうがいいのかなどと思ったのだが効果はなかった。そして分解したところ元どおりにくっつかなくなってしまった。

しばらくほって置いたのだが落ち着いて中を見て見たところ意外と簡単な仕組みで接続を維持しているようだった。Mighty Mouseという古いマウスなので長い間使っている間に金属接点が曲がってしまったのだろう。

そんな単純なことでうまくゆくのかな……と思ったのだが前より切れにくくはなった。修理の過程で右クリックが効かなくなったと思ったのだがこれはコントロールパネルで設定をするとできるようになるらしい。これでちゃんと使えるようになった。

この状態で騙し騙し使っていたのだがある日電池を入れても認識しなくなった。数秒から数分使っているとグリーンのランプが点滅を繰り返し接続できなくなる。電圧が足りなくなっているようである。中の部品が何らかおかしくなっているのかもしれない。結局使うのを諦めて別のマウスを探すことにした。

結局Magic Mouse(初代)を買ってきた。これも接続がやや不安定だがMighty Mouseよりは安定して使える。中古で買ったMighy オブジェクティブの寿命は大体1年3ヶ月だったことになる。あまり賢い投資とは言えなかった。

Apple純正マウスの三兄弟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。