MacからiPhoneを使って電話できない時に時に試すこと

Mac側のFaceTimeとiOSのApple IDを合わせることによって連携ができることになっている。早速やって見たのだが、Mac側からiPhoneが見えているのに全くつながらない。

だが、ある日iPhoneで電話をしている時にiMacが見えていることに気がついた。スピーカーの宛先をMacに設定できる。実際にやって見たのだが最初は全く音が出なかった。やっぱり失敗したんだなと思った次の瞬間にMacから音が出て来た。当然のことながらiMacの方が音は良い。

これでiMacとiPhoneが接続するようになった。

iPhoneとMacの連携機能の一つ電話機能がある。だがMac側からいくらやってみてもどうしてもつながらなかった。Mac側のOSはHigh SierraでiOSは14である。

どうやらMacからiPhoneを探せなかったのにiPhoneから接続しにゆくと見つけてくれるようだ。通話が終わって見たらFaceTimeにはしっかりと履歴が残っていた。この履歴にリダイアルしたところちゃんと通じた。

試しにと思って連絡帳から電話をかけて見ることにした。今度はしっかりと「携帯電話」から電話のインターフェイスが立ち上がりMacからiPhoneの通信回線を使って電話をすることができた。一度見つけてくれるとあとは接続が継続するようである。

iPhoneとMacの電話が連携できない時はiPhoneでスピーカーをMacにしてみよう……

連携機能にも問題はいくつかある。まず、キーパッドの操作がMacからはできないようだ。インターフェイスを見てもキーパッドが出せるところがない。おそらくこれはiPhoneを開かないと無理なのだろう。

もう一つの問題はこちら側のマイクがどっちなのかよくわからないところだ。音がMacから出ているのだからMacのマイクを使っていると思うのだがこの辺りが判然としない。

最後の問題はいったんどちらかの電源を切ったらどうなるか……であるがこれは試していない。なんとなく不安定だがいったん連携ができるとかなり便利な機能といったところのようである。

ということで連携がうまくゆかない人は一度iPhone側から接続を試みて見るといいのかもしれない。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。