使わなくなったiPhoneを子機として使う

ある日iPhoneの設定をしていたら新しいiPhone、古いiPhone、iPadが同時に着信した。驚いたのだが、実は使わなくなったiPhoneは新しいiPhoneの子機として使える。iPhone同士であればAppleIDを合わせておくだけでいい。

逆に「全部の機器がなるのが煩わしい」ということであれば調整ができる。[設定]から[電話]を選ぶ。

[ほかのデバイスで通話]というメニューがあるのでこれをオン・オフにする。また機種ごとに通話をコントロールすることも可能だ。

MacとiPadは少しコツがいるようだ。受送信にFacetimeを使うのでiCloudとFacetimeのアカウントが揃っている必要がある。

iPhoneをMacで受けるようになるとあまりにも便利なので機能が手放せなくなる。MacはHigh Sierraを使っている。

こういう連携機能に味をしめると全ての通信機器をAppleで揃えたくなってしまうのだ。

iOS 9.3.5だと受信音はなるがなぜか通話はできない。iPad2とiPad3で試したがどちらもダメだった。受信もできないし発信も無理だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です