Mac Mini 2010と2014の起動比較をしてみる

最近、Mac Mini 2014を手に入れた。なぜか最初からSSDが入っていた。またMacbookを廃棄したので中に入っていたSSDをMac Mini 2010に移植した。くしくもSSD化したMac Miniが二代手に入ったので起動実験をしてみた。

上のCOBYのモニターがMac Mini 2014。下がMac Mini 2010だ。

色々なソフトウェアが入っているわけではないこともあり、結果的にはどちらもだいたい1分くらいで起動した。

Mac Mini 2010のSSDは自分でインストールしたのだが道具さえ持って入れば割と簡単に入れ替え作業ができる。もう退役させようかなと思っている人がいるならぜひ試してもらいたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です