1円落札のMacBookは起動するのか、使い物になるのか……

ヤフオクをのぞいていたら危ない証拠である。無駄遣いがしたくて仕方ないのだ。今回も1円で開始で値段がついていないMacbookを見つけた。値段がついていない理由は明白だった。

  • 明らかに型式が古い、最新OSは動きそうもない。だが型式が何か書いていない。
  • 汚れていていかにも乱暴に扱われていそうだ。
  • ガラスが割られていてパネルがむき出しになっている。カメラも抜かれているらしい。
  • 裏蓋がなくネジも足りないようである。

部品取りにつかったものをそのまま出しているのかもしれない。試しに1円で入札してみたらあっさり落札されてしまった。

運送費1,000円を支払って手に入れてみたのだが結果は微妙なものだった。ビデオを見てもらうとわかるのだが、一応起動はした。外付けのHDD(外部電源あり)で起動することができた。Macbook Late 2008 Alminumというタイプのようだ。メモリは2GBが入っていた。

ところがここで悲劇が起きる。外付けのHDDで起動しようとすると落ちてしまった。壊れたか!と思った。しばらく起動しなかったが諦めきれなかったので蓋を開けたり閉めたりしていたら30分後くらいに起動した。

ところがここで調子に乗ったのがいけなかった。外付け電源付きHDDで起動する分にはいいのだが、外付け電源なしUSBで起動させようとすると電源が落ちてしまいその後うんともすんともいわなくなった。前回もPRAMクリアなど色々やっていたら偶然に電源が入りましたという感じだったので、今、脇に置いてこのブログ記事を書いている。

一応、外付けで起動可能なハードディスクをつくって底面にセットしてある。蓋がないので落ちそうだ。30 分くらいしたら電源を入れてみようとは思うのだが実用には使えないだろうなあと思う。

前回Macbook Air 2010を4000円くらいで手に入れて電池を入れて復活させることができたので調子に乗ったのだが、そうそう運のいいことは続かないようだ。OS10.5が動くマシンがもう一つできればiMac 2007の予備に使えると思ったのだがアテが外れたのではないかと思っている。

MacbookのポリカーボネートボディーのものもUSBでテレビチューナーをつなぐと落ちるようになり最後は安定稼働しなくなった。もしかしたらこの時代のものの持病のようなものなのかもしれない。

この後もやって見たのだが、外付け・電源付きHDDをつけたままだと起動しつ続けているのにそれを外して内臓ドライブや外付け・電源なしHDDから再起動すると落ちてしまい、その後10分ほどは電源回復しないという現象が続いた。

最終的にわかったのは、USBケーブルがぐらついたり内臓HDDのコネクターがぐらついたりするとACアダプター側の保護回路が働いて電源供給をストップしてしまうということだった。このため全てのディスクを引き抜いて(内臓も外付けも)ACアダプタのコンセントを引き抜くと状態が回復するということだった。

裏蓋もマウンターもない状態なので内臓HDDがぐらついてコネクターが外れそうになるとその度にAC電源側の保護回路が働く。ところが本体の保護回路が働いているのだろうとPRAMクリアなどを一生懸命にやってしまい「原因がわからない」ということになってしまったのである。

マウンターも裏蓋もないので厚紙でスペーサーを作ってビニールテープで固定した。一応しばらくは動いてくれるがやはり20分くらいで電源が落ちてしまう。奥の方のUSB端子は安定しているが前側の一つは不安定ですぐに電源が落ちてしまう。原因がわかったのでなんとなく諦めがついた気がする。結論からいうと1円Macは買わない方がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です