MacBookの代替粗悪バッテリーはロジックボードにダメージを与えるらしい

前回、楽天からMacBook A1181の非純正バッテリーを購入したという話を書いた。店は「お客様から高評価をいただいている上位1%」をうたっている。

だが届いて使っているうちにだんだんチャージされなくなってしまいバッテリーが認識できなくなってしまった。

これについて調べていて「粗悪なバッテリーはロジックボードに影響を与えているかもしれない」と思った。店側は「お互いの安心のためにバッテリーを返品してくれ」と持ちかけてきたがお断りした。返金すれば取引はなかったことになるわけだからレビューはなくなる。おそらく上位1%というのはこうやって維持されているのだろう。

バッテリー代金が戻ってきたところでMacBookは元に戻らない。さらに楽天市場も壊れたMacBookの保証まではしてくれないだろう。いちいちガラクタになりかけているMacBookまで保証していてはキリがないというところまでは理解ができる。

とはいえ、何の根拠もなく書くと「単なる言いがかり」になってしまいそうである。検証方法を書いておく。

MacBook Late 2007とMarcBook Early 2008がある。3つの部品から成り立っている。

  • DCボード(マグセーフボードと呼ばれる)
  • ロジックボード
  • 充電端子
  • バッテリー

このうちMacBook Late 2007のDCポートは壊れかけている。電源は供給されるがおそらく十分な電力は供給できていない。だから単独では起動しない。今回これが「不幸中の幸い」だった。充電ができないからだ。

ここで分解して、DCボードと充電端子を交換して見た。つまり、まだ充電したことがないMacBook Late 2007で充電ができるか、さらにMarcBook Early 2008の充電機能が復活するのかを見てみたかったのである。余計な負荷をかけないように電源は切ってある。さらに疑い深い人のために付け加えるとMagSafeアダプタは純正である。

  • MacBook Late 2007ではオレンジ色のランプがついた。つまりDCポートも充電端子もちゃんと使えるものだったということがわかる。数分間充電して見た。おそらく満充電近くまで行かなければ大丈夫なのだろう。
  • MacBook Early 2008ではランプがうっすらとしかつかなかった。DCポートが壊れかけているので当然である。

MacBook Late 2007をバッテリー単独起動して見た。こちらはLionなのだが1400mA程度が残っているようでバッテリーのステータスは良好ということになっている。これは理解できる。Mid 2009もバッテリーを充電さえしなければ数日間起動が維持できていたからである。ということで次の三つは原因ではないことがわかった。

  • DCポート(マグセーフポートと呼ばれる)
  • 充電端子
  • バッテリー

今度はDCボードのみを再交換して試して見た。MarcBook Early 2008ではやはり充電はできなかった。それどころかプロファイルを見ると「電池の機能がない」ことになっている。情況がだんだん悪くなっている。

A1181のSMCは電池を抜いてプラグを外すとリセットされる仕組みになっている。PRAMも何回かリセットしてある。だから、残りの可能性はロジックボードにハード的に記録されているということになる。綺麗な言い方をしているが「つまり何らかの機能が破壊された」ということになるだろう。

ジャンクのMacBookだから充電できないのでは?という人もいるだろう。

  • そもそも最初は充電できていて徐々に充電できなくなった
  • もっともボロボロなLate 2007では(正しいパーツさえ取りければ)今の所充電ができている。他のMacBookと違ってあまり充電をしていない。
  • だからバッテリーが原因なのだろうが、ロジックボードのどこにどんな影響があるのかまではわからない。

なんとなくMacBook Late 2007に機能しているDCボードを繋いで再充電実験をして見たくなったがやめた。この他にMid 2009も充電できなくなっているわけだからMacBook Late 2007が壊れてしまう可能性もあるからである。

かろうじて充電機能を維持しているLate 2007。
見てお分かりのようにファンが回らず(だからコイン空冷になっている)し
DCボードも壊れかけている。

一応楽天には「電池の返品や交換はしてくれるが、壊れた可能性のあるMacBookは保障されないんですよね?」とは聞いてみようと思っている。お金目当てのクレーマーだと思われるのは癪だがやはりはっきりさせておきたい。もっとも、楽天の名誉のために言っておくと「お店が対応してくれない」場合のプロテクションプログラムはある。レビューで悪い評価を書くとフォローのメールが送られてきて「補償プログラムがありますよ」ということを教えてくれる。

やはり非純正バッテリーにはかなりのリスクがあると思ったほうが良さそうだ。

バッテリを売った店は「バッテリーを確認しましたが問題はありませんでした」と言い続けている。当然だ。不具合を起こしたのはバッテリーではないからである。

現役で使っているMacBookではないし、どっちみち2500円 + 送料で三台購入したわけだ。これくらいの金額であればシャレで済むわけだが、仕事で使っているようなMacBookには非純正のバッテリーは使わないほうがいいと思った。

楽天からは返事が返ってきた。あくまでも他人事というスタンスであり親身になってくれることはないだろう。これは自己責任社会とあきらめる他なさそうだ。

楽天市場お客様サポートセンター阿部と申します。
再度のご連絡ありがとうございます。
ショップとご相談されたとのことでお手数をおかけいたしました。
また、認識についてご確認されたいとのことでございますが
どちらの認識をご確認されたいかがわかりかねております。
商品に関してはショップにて管理しており、弊社では商品知識を
持ち合わせておりませんため、商品に関しての具体的な詳細は
ご案内できかねております。
その他に、補償やレビューに関してお客様で認識をご確認されたいことがございましたらできる限りサポートさせていただきたく存じますため、詳細を記載の上、本メールまでご返信していただければ幸いでございます。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です