電源が入らないMacBookは意外と少ないかもしれない

送料込み10,000円くらいの予算でA1181を買い漁った。中にはロジックボードだけになっているものもあれば電源が入らないと言う理由で放置されているものもあった。だが調べて見ると電源が入らない理由は様々である。実際に本当に電源が入らないケースはそれほど多くなかった。

  1. 2009年モデル:DCボードが焦げていて通電していなかった。DCボードを交換したら普通に使えるようになった。
  2. 2008年モデル1:ファンが壊れていて熱で電源が落ちる。ファンを交換したら普通に使えるようになった。
  3. 2008年モデル2:「電源が入りません」というものだったがキーボードの電源スイッチが壊れていた。スピーカーが外れていてメモリエラー(ビープ三回)が感知できなかったがきっちりとメモリを入れた上でキーボードを外しジャンプスタートさせたところ電源が入るようになった。
  4. 2007年モデル:これは普通に起動できるモデルだった。
  5. 2006年モデル1:これも普通に起動できるモデルだったが、DCボードに接続するコネクタの真ん中のピンが外れていてMagSafeの点灯がない。だから通電せずと診断されてもおかしくないロジックボードだった。
  6. 2006年モデル2:マザーボードのみだが再起動を繰り返す。これはマザーボードがおかしくなっているらしい。そのうち通電して熱を持つが起動しないという状態になった。Magsafeアダプターは緑色に点灯している。
  7. 2006年モデル3:水に濡れたのかジュースをこぼしたのか裏面に緑青のようなカビのようなものがついている。

7つのマザーボードのうち「起動します」となっていたのは2つだけだが3つの原因は別のところにあり、本当に使えないのは2つだけだった。

何をどうやったらこうなるのか?

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です