20年前以上前のMacでそれっぽいロゴムービーとサウンドロゴを作る

20年以上前に買ったPowerMac G4を持っている。ここにはPremiereとかAdobe After Effectなどのソフトが入っているので捨てるに捨てられないのだ。この中に3DソフトStrataが入っている。使い方はとても簡単でIllustratorなどで作った形をコピーペーストして押し出してカメラを適当に動かせばなんとなく3Dムービーができる。

この適当に作ったロゴにGarageBandのコーラスをつけてロゴをでっち上げて見た。

一旦作業をやって見ると、カメラが垂直に安定していなかったりと細かい問題はあるのだがなんとなくそれっぽい仕上がりのものを作ることができた。

古いMacも捨てずにとっておくべきだなとは思ったのだが、問題もある。まずこの8秒程度のアニメを作るのにレンダリング時間が数時間必要だった。さらに通信がうまくゆかない。OS 9の時代のファイル共有と今のファイル共有には互換性がない。お互いに認識したとしても途中で止まってしまう。

さらに新しいMacで作ったHDDは認識されない。OS 9のディスクの作り方を忘れてしまっていたので一旦OS Xに切り替えて初期化し「OS 9用のドライバーを入れる」というオプションを使うとようやくどちらでも使えるHDDを作ることができた。これをいちいちUSBでつなぎかえることでようやくファイルを移し変えることができた。

さらにPowerMacのUSBは2.0対応していないので500MB程度のファイルをコピーするのに10分単位の時間がかかる。このファイルは現在のQuickTimeでは動作しない。自動で変換がかかったのだがファイルサイズが30MBにまで圧縮された。

やはり20年の間にはいろいろ技術革新が行われているのだ。

一旦作業をやって見てカメラの動かし方などが分かったので、あとはYouTubeを見てかっこいいロゴを探したいと思う。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です