iMacテレビ化計画

おそらく10年前にAppleのiMacを録画機能付きテレビ専用として使おうなどと提案すれば頭がおかしくなったのか?と思われたに違いない。ところが中古のMacが安く出回るようになり、こうした提案が夢ではなくなった。近所のハードオフで2,000円で売られているiMacを見つけたのである。「買い」だと思った。

すでにMacをテレビとして利用できるm2TVという製品を持っていた。これもハードオフで500円で手に入れたものだ。OS 10.5からOS`10.7で動くことになっている。

  • 一時間あたり7.1GB程度のハードディスク容量が必要。500GBで70時間分のHDビデオが録画できる計算になる。
  • 外付けのディスプレイは利用できない。つまりMacMiniは使えない。
  • 録画している時に別の番組を視聴することはできない。つまり録画再生用に使えるチューナーが一つしかない。
  • OSが古いものに限定されている。OS10.7でも利用できることになっているのだが32bitモードでしか動かないので実質的にはOS10.5でしか利用できないと思った方がいい。

一度、MacBookで利用していたことがあったのだが1年くらい使っているうちに使えなくなった。その時の原因はおそらくMacBookのアダプターの側にあった。

ACアダプターが非純正だったので焦げて使えなくなってしまったのだった。特に夏の暑い時期に連続して使っているとアダプターがかなり熱を持っていた記憶がある。冬に使っても番組を見ているうちにファンがものすごい勢いで回り始めることもある。

しばらく怖くなって使えなかったのだがこの度iMac Early 2009を見つけた。24インチで2200円だった。安い理由は画面がオレンジ色になっているという点である。並べて置いて見ると確かに場所を取る。

右がこれまで使っていたiMac Mid 2007。比較するとコンパクトに見えるがどちらもかなり場所を取る。
画面が真っ白になるのでディスプレイケーブルを抜いて外付けで運用してきた。
今回のiMac Early 2009導入でMid 2007は退役になった。

画面の調整は大変だった。SpyderExpress 2を使うとうまく調整ができない。結局、色調整をせずに色温度だけを最高レベル近くまで上げてやっと普通の画像になった。色調整がおかしくなっているというよりバックライトの劣化により全体的にオレンジ色になっているのだろう。

古い世代のiMacは温度調整がうまくいかないために液晶パネルが劣化しやすいという話があるのだが「オレンジ色 iMac」とか「オレンジ色 液晶 iMac」などと検索してもめぼしい情報は得られなかった。つまり、このiMacがいつまで使えるかはわからない。iMacは画面が使えなくなると巨大な粗大ゴミになる。おそらくOSが古びたせいで使い道に困っている人も多いはずだ。

いずれにせよ一度設定するとかなり快適に使えるようになった。OS 10.5にはグラフィックソフトやデジタルカメラの取り込みソフトなどが入っているのでテレビを見ながら簡単なグラフィック素材の準備などを行うことができる。またCANONのソリューションを使えばティザー撮影用の母艦としても利用可能だ。

普段はフル画面にしておいてもいいし、邪魔になると小さなウインドウでテレビを表示できるのだである。10年以上前の機種とはいえウェブブラウジングやメールの閲覧などを除けばまだまだ現役で使える機種なのである。

サラウンドに対応していない

m2TVの話に戻る。iMacは音質も申し分がないようだがピンプラグを通じてホームシアターシステムにつなぐと擬似5.1chとして使うことができる。ただし、ハードかソフトのどちらかが光オーディオ出力に対応していないために光ケーブルで接続することはできない。エラーになりソフトが落ちてしまう。つまり5.1チャンネルで放送している番組の音声(野球の実況など)をそのままの音で聞くことはできない。

SHARPの250GBHDD録画機(DV-HRD30)があるのでサラウンドが必要な番組はこちらを利用しようと思うのだが、こちらはこちらで持病がある。気温が20度を割り込むと起動に時間がかかるのだ。このため冬になると度々録画に失敗する。台湾に買われる前の後期のSHARP製品は不安定であった。日本の家電が凋落してまともな製品が作れなくなっていたことがよくわかる話である。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。