iMacと無印良品の机の大きさ

現在無印良品の机にiMac Mid 2011(21inch)と21inchモニターを置いている。さらにそれだけでなく17インチくらいのテレビも設置した。古いMacを使っているのでなかなか一つに集約できない。さらに最近録画機の調子が悪くiMac Early 2009を録画機として置いた。折りたたみ式のパインのデスクを引っ張り出してきたのだがかなり圧迫感がある。

これをどうやったら整理できるのだろうか?と思った。おそらく一番いいのはデュアルディスプレイくらいにしてテレビを一台に減らすことだろう。本当はグラフィック処理などを全て一つのMacで処理できればいいのだが色々分散してしまっていてなかなか思うようにいかない。

どう整理するのが一番いいのだろうか?と考えて色々実際に動かそうと思ったのだが、大ごとになることはわかっている。そこでGoogle SketchUp 2016という古いアプリケーションを引っ張り出してきてシミュレーションを行うことにした。無料版のまま使い続けることができる。

色々調べているうちにGoogle SketchUp にはシーンという機能がありアニメーションを書き出せることがわかった。色々な角度から眺めることができるのでイメージがしやすい。

実物はなかなか冷静にみることができないのだが「そもそもモニターが多すぎるんだな」と思った。パインの折りたたみデスクの上には24インチのシングルディスプレイだけでいっぱいになってしまう。10キー付きのキーボードにも意外と圧迫感がある。

この折りたたみデスクは横幅80cmで奥行きが50cmだ。つまりiMacにせよ21インチ型のモニターにせよおそらくこれくらいが単位となる。奥行きはできればもう10cm欲しいところなのでこれが最低ラインといったところかもしれない。つまりデュアルディスプレイにしたければ160cmくらいの幅がないと「美しい余裕のある仕上がり」にならない。

それよりも広いダイニングデスクを使ったとしてもiMac 21インチ1台と13インチのMacBookを一台置いただけでかなり圧迫感がある仕上がりになる。これは一回り大きく横幅90cmで奥行きが60cmだ。

両方のセッットアップを並べてみた。

現在のセットアップはこれよりも多いモニターが置かれている。それを省いてこれだけでもかなり圧迫感がある。なかなかきれいなデスク周りが作れないのはモニターを置きすぎだからだろう。

両方を寄せてみた。当然ながらかなり圧迫感のある仕上がりになる。

仮に21インチディスプレイを2台置きたいなら120cmくらいあるテーブルを使ったほうがよさそうだ。これにMacBook置き場などを作ろうとするとさらにスペースが増えてゆく。

デュアルディスプレイ(これで横幅が130cmになる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。