「インスタ映えしそうな」と言われたいMacMiniを作ってみた

LOGICOOLのPEBBLEとマルチデバイスキーボードのセットを買った。ピンクのデザインと静音性がウリである。キーボードは3つのデバイスと組み合わせて使える。メイン機、ノート、iPadと組み合わせて使って欲しいようだ。PEBBLEはiPadとの連携が想定されている。

Unifyingレシーバーには対応していないがメイン機にUSBレシーバーを刺してBluetoothを使ってiPadと組み合わせて使うことを想定しているようだ。

ピンクのセットを作ってみた

すでに現役として使わなくなったMacMini 2010がある。High Sierraまでアップグレードできるので現役利用は可能である。これに以前作ったiPad3のレティナディスプレイを再利用したモニターがセットされている。基盤を取り寄せて自作したものである。このモニターはUSBだけで電源供給ができるモバイルディスプレイになっている。ディスプレイケーブルが少しもっさりしているのでボードで隠した。このボードの木枠をダイソーで買ってきたサーモンピンクのアクリルペイントで塗ってみた。

手作り感満載だがキーボードやマウスと色が揃えることができた。

フォトスタンド兼夜用の時計として地味ながら活躍している。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。