MacMini 2014がMonterey 12.3にアップデートできない

Montereyの12.3がリリースされてしばらく経った。High Sierraをメインマシーンとして使い、このMacはセカンダリマシーンとして使っているのでしばらく起動していなかったのだが、久しぶりに起動してOSをアップデートしようとした。

2回試したのだがダウンロードが終わり「準備しています」というところでこけてしまう。サポートにも連絡したのだが要領を得ない返答しかもらえない。インターネット環境が悪いのではないかなどというのだ。

カスペルスキーをオフにしてやり直したのだがやはりうまくいかない。サポートが提案する通りCommand+Rを押してOS再インストールを選んだ。ダウンロードは順調に進んだのが何回も再起動を繰り返す。もうこれはダメなのか?などと思ったのだが、1時間弱で無事に入ったらしい。

一応、環境はすべて無事だったのだが、ここしばらくOSのインストールでトラブルを経験したことがなかったのでとても驚いた。たまにあることらしいのだが結局何が原因だったのかはよくわからない。

とりあえずトラブルが起きたらCommand+Rということらしいのだが、もうこういうことは起きて欲しくないと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。