iMac 2007のホワイトスクリーン

ヤフオクで「白いスクリーンが出ます」というiMac 2007を購入したのは確か2016年だったと思う。そのまま外部モニターをつないで利用していたのだがEl Capitanまでしか上がらないのでiMac 2010に乗り換えてから使わなくなっていた。一年以上前にヤフオクでケーブルを見つけたのだが「どうせ治らないんだろうなあ」と考えてそのままウォッチリストに入れっぱなしにしていた。そろそろ諦めようと思いケーブルを取り寄せて見たのだがやはりダメだった。

色々調べて見ると、Appleロゴが出た後に白い画面で止まってしまう現象について書いてあるソリューションは多い。いわゆるPR-RAMのリブートやセーフモード起動だ。

だがこのiMacの場合はケーブルを抜き差ししても白い画面には変わりがない。おそらく新しいデータケーブルを使ってもデータそのものが液晶モニターに送られていないようである。こうなるとロジックボードが原因なのか液晶モニターに原因があるのかを調べて見たくなるわけだがもちろんそれは試さなかった。取り替えられるiMacが他にないからである。

さらに最近iMac 2008の24インチモデルをハードオフで手に入れた。値段は2,200円だった。

もうこれで捨ててしまおうかなとも思うのだが、実は画面が真っ白である以外はまだ外部モニターで使うことができる。結局捨てることができずにおいてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。