マイクロフォーサーズを買って後悔する人・しない人

マイクロフォーサーズのカメラを持っている。カメラについて研究しようとしていた時期があり「どんなカメラか」が知りたかったからである。しばらく使って見て「微妙なカメラだな」と後悔した。

なんとなく後悔した点について書きたいと思うのだが、後悔はどちらかというと「ジャンク愛好家目線」である。

まずいい点をおさらい

購入したカメラはPanasonicのGF2というカメラだった。

まずいい点を書いておく。

  • ミラーレスなので筐体が小さく設計できるので持ち運びにそこそこ便利だ。
  • タッチセンサーなので操作も難しくない。フォーカスを当てたい場所をタッチするとフォーカスが変わったり、セルフタイマーで3枚の写真を同時に撮影したりすることができる。
  • またレンズも交換式なのでお金さえあれば豊富なレンズを選ぶこともできる。

次にあまり心配しなくても良かった点

次にあまり心配しなくて良かった点を書く。一眼レフカメラの最大の利点は立体感と後ろボケである。マイクロフォーサーズはセンサーサイズが若干小さいためあまり後ろボケはしないとされている。確かに最初は後ろボケ写真を量産したくなるのだが、実際には後ろボケばかりさせているとそのうち飽きてしまう。その意味では後ろボケはそれほど重要なファクターではなかった。

後悔した点

お金があればレンズは選べるのだが……

お金があればレンズは選べるのだがジャンクカメラ系の人はそうではなく、できるだけ安い費用でカメラを調達したい。ところがマイクロフォーサーズはこのレンズが高い上に壊れやすいのだ。

おそらくは小さなレンズに複雑な電気回路を組み込んでいるからだろう。特にオリンパスのレンズは問題が多い。望遠側で「レンズを確認してください」というエラーが起きる場合がある。ケーブルが切れかけており動作を繰り返すと本当にケーブルが切れて操作不能になる。

このためレンズがなくなり筐体だけになったカメラや「認識されなくなった」レンズが多数ヤフオクに出ている。このレンズを修理することはできない。実際にやってみればわかる。

とりあえず分解して見た。華奢なフィルムケーブルが使われておりこれが折れたことがわかる。

たまにジャンク扱いでレンズが売られていることがある

安くレンズを買おうとして「望遠側でレンズが認識されません」というものをヤフオクで落札した。だが、案の定しばらく使っているうちにケーブルが内部で破断されてしまった。

そのあとボディキャップレンズと呼ばれるものを使っていた。これはかつてAmazonで安価で手に入れることができた(確か3,000円以下だったと思う)のだが、カメラの性能を活かしきることができない。エラーを多発させたオリンパスがかろうじて単純な仕組みのレンズを出して見ましたというような感じである。結局販売は中止されたようだ。

Lumix GF-2とボディキャップレンズ

ボディキャップレンズはカメラと一切通信はしない。このためカメラ側で色調・光量補正などは一切してくれない。センサーに映ったものがそのまま記録される。

この日は曇り空だったため曇り空なりの写真が量産された。ただ至近距離からの撮影に対応しているため普段注目しないものに注目するという利点もある。散歩が楽しくなったりはするのだがそのためだけにこのカメラを維持しようとは思わないだろう。

現在はフィッシュアイ(魚眼)だけが売られているようである。9,000円近くの価格がついている。

ジャンク扱い2,000円のものをみつけた

しかし、せっかくカメラを持っているのだからと考えるとどうしてもレンズが欲しくなる。だがヤフオクで探しても送料込みで4,000円程度はかかるようである。モノによっては「AFが効きません」となっているものも多い。オリンパスが技術的に対応仕切れなかったことがわかる。

結局、ハードオフのジャンク棚で「認識されません」と書かれているレンズを見つけた。カメラを持参して使ってみたところ写真は撮影できた。だが、やはり望遠側ではレンズが認識されなくなる。このまま調子に乗って望遠側に回し続けると突然使えなくなることは明白だ。そもまま広角側で使う前提で買ってきた。とりあえずコレクションしているカメラを使える状態にしておきたいだけだからだ。ジャンクでないレンズやジャンクでも使えるレンズは4,000円から8,000円くらいで売られていた。

ではどのようなカメラが後悔しないのか?

ではジャンクカメラ愛好家目線でどのようなカメラが後悔しないのかということになる。条件は三つある。バッテリーが入手しやすいこと、本体の値段がそれほど高くないこと、レンズが豊富で安いことである。

レンズが豊富なCANONの一眼レフ

もっとも後悔が少ないのはフィルムカメラ時代のレンズが使えるCANONである。性能は申し分なくEOS Kiss X3以降は動画にも対応している。ボディが若干高かったとしてもレンズの入手にストレスはない。ただしフィルム時代のレンズを使うと十分な広角レンズにならない。バッテリーが消耗しているものが多いが最も古いEOS KissのバッテリーであってもAmazonで豊富に手に入る。おそらくジャンクカメラ遊びで最も使いやすい上に実用的なカメラだろう。

Minoltaのレンズが使える世代のSONY製カメラ

スティル撮影に向いていると思うのはα-100だ。初期型のカメラはMinoltaのレンズが使える。CANONの初期型は手ぶれ補正がついていないのだが、この世代のカメラには手ぶれ補正がついている。このためちょっとしたブツ撮り(物品撮影)のために三脚を据え付ける必要がなく便利である。ブログ用のブツ撮り写真は大抵これを使っている。

やや高級なタイプのコンデジ

外でちょっとした写真が撮影したいというだけでもCANONのカメラを使うと結構な負担になる。三脚とカメラ用のバッグを持ち運ばなければならないからである。

その点便利なのが高級タイプのコンデジだ。有名なのはCANONのPowerShot G9だろう。現行モデルはスマホとの連携を意識してWi-FiとBluetoothが搭載されている。

しかしやはり人気のカメラなのでハードオフで安価で売られているのは見たことがない。買ってきたのはこのカメラによく似ているNIKONのCoolPix P300だ。レンズがF1.8と非常に明るいので順光・逆光ともにきちんと対応してくれる。

3,000円とジャンクにしては高い値段で売られていたのだが、やはり廉価版タイプのコンデジと比べると暗所での写真の写りが全く違っていてびっくりした。ジャンクで買うなら1,000円程度の違いしかないので発売当時に高級デジカメとして売られていたものを買ってきた方がいいと思う。

Nikon Coolpix P300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。