薄暗いところで写真を撮影してみてわかるセンサーの実力

暗いところで効果を発揮するデジタルカメラを探す

デジタルカメラについて色々と調べてみると素人ほど色々と言いたがる傾向がある。デジタルフォーサーズがで始めたころはSONYと比べるとセンサーの性能が劣っていたという人がいた。PanasonicのLiveMOSセンサーはそこまで性能が良くなかったというのだ。ところが調べれば調べるほどよくわからなくなる。人によって言っていることが違うからである。そこで、実際に試してみることにした。当然のことながら持っているレンズとの兼ね合いで性能に違いが出てくる。夕方の暗いところでカーテンを閉めて撮影してみた。

APS-C

おそらくAPS-Cがいけないというよりはレンズの状態がよくないからなのだろうなあと思う。センサーサイズが大きいからと言って暗所に強いわけでもない。

インターレースCCD

今回調べるまで意識していなかったのだがSONY DSLR-A100(α100)はCCDを使っていた。CCD時代の最後のカメラなのだろう。α100についてはこのページに情報をまとめている。

2006年7月発売

ソニーα100。SIGMAの普及型レンズを500円で購入してきた。
センサーとレンズの兼ね合いで白っぽい写真になった。
まあ想定通り。
手ぶれ補正がついているのでCANONのカメラよりはマシな仕上がりになっている。

CMOS

次にCANONのEOS X4を取り出してみた。CANONのEOSシリーズについてはここで情報をまとめている。晴れて条件が良い場所の順光では全く問題を感じないのだが光の条件が悪いところではかなり悲惨な結果になる。標準ズームレンズと単焦点レンズを試してみた。

2010年2月発売

標準ズームレンズで撮影したもの。
手ぶれ補正もついていないので暗所でこのカメラを使おうとは思わない。
明るいレンズに付け替えてみたがやはりノイズが出た。
おそらくこのレンズも若干曇っているのだと思う。
全体的に白っぽくなり、ノイズもかなり乗っている。
一応使えるが補正は必要。

iPhone

2017年9月発売

スマートフォンのカメラは手軽だがやはりそれなりにしか写らないようだ。全体を見るとそれなりに映るのだが細部にはやはりノイズなどのアラが目立つ。画面右端が白いのはカバーが写っているから。レンズの性能ではない。

iPhoneの写真はEXIFが載らないようだ。
頑張ってはいるが結構ノイズもある
画面右端が白いのはカバーが写っているから。レンズの性能ではない。

フォーサーズセンサー

一概にフォーサーズと言っても時代ごとに大きな変化がある。

2007年4月発売

間違って購入したという曰く付きのOlympus E-400。購入の経緯などはこちらでまとめてある。昼間撮影した写真も掲載してあるのだが昼であれば非常にいい写真が撮影できる。ただやはり暗い場所には対応できないようだ。

フォーサーズ時代のOlympus E-400
おそらくレンズの状態はいいと思うのだがセンサーはまるでついてきていない。
手ぶれ補正もないので輪郭がぶれている

2010年11月発売

次にマイクロフォーサーズ規格のカメラで試してみる。まずはDMC-GF2から試す。同じISO400で同じF3.5のレンズなのだが差が出た気がする。レンズはPanasonic製を使っているのでレンズ内手ぶれ補正がついている。

全自動にすると無理しない範囲で頑張ってくれる。レンズはPanasonicの標準ズーム14-42mm
まあ、こんなところだろうなという写り方だ。

順番に全部が比較できるわけではないので良くわからないが、GF5からGF6の間にかなり大きな飛躍があったようだ。

2013年4月発売

次にDMC-GF6を試す。びっくりするほど違いが出ているのはISO3200が無理なく使えるようになっているからなのだろう。3年ほどで技術がかなり進化していることがわかる。

ASCII.jpは従来機の「DMC-GF5」から外観を含めて大幅に刷新されたGF6。撮像素子はDMC-GF5の1210万画素から1600万画素となり、画像処理エンジンも新開発の「ヴィーナスエンジン」を採用。明所/暗所での写真の精細感が向上したほか、ノイズリダクション性能も大幅にアップしているというと紹介している。センサーの向上もさることながらソフトウェア的に処理をしたというのが特徴のようだ。確かにノイズは少ない。

このカメラはWi-Fiなど機能面で宣伝されることが多かったようだが実は基本性能も格段に上がっている。機能が盛りだくさんすぎるので却って見落とされてしまうのかもしれない。

ところが同じLiveMOSセンサーでもGF6になるとこの通り
はっきりくっっきりと写っている。わずか数年でこの違い。
レンズはOlympusなので手ぶれ補正機能はないが全く問題がなかった。

コンパクトデジタルカメラの原色・裏面CMOS

結局、カメラとレンズの組み合わせで暗いところに強いかどうかが決まるという当たり前のことがわかったのがこのニコンのコンパクトデジタルカメラだ。Lumix DMC-GF6と遜色ない写りになった。レンズが明るいのが影響している。手ぶれ補正もついているので三脚などはまず必要とされない。こちらで情報をまとめたときには「後ろがボケない」などとあまり良い評価をしなかったのだが暗いところでは実力を発揮した。

光を効率よく電荷に変える裏面照射型のイメージセンサーと新画像処理エンジン「EXPEED C2」を採用しているそうである。センサーサイズは小さいのだが効率の良い方式を採用することでセンサーサイズの大きなカメラと遜色のない仕上がりになっている。暗所に強いカメラを勧められたら間違いなくこれだろうなあと思う。

2011年3月発売

F1.8という明るいレンズを使っていますという触れ込みのCoolPix P300
ものすごく暗いところに強い
1/2.3型原色CMOSが採用されているそうだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です