リモコン対応していないSONY DSLR-A100をリモコン対応にする

DSLR-A100は今でも使いやすいカメラなのだが残念なところがいくつかある。自撮りをする時にリモコンがないので、三脚などで目標を作り、目標にフォーカスを合わせて、目標を取り除き、マニュアルに切り替えるという手順を取らなければならない。さすがに馬鹿馬鹿しいなあと思っていたのだがメインカメラではないため「それでも仕方がないなあ」と思っていた。

だが調べてみるとソリューションはある。AmazonではRGBS 2.4Gという名前になっている。価格は3,100円だった。

タイマー撮影はうまくいった。ところがリモコン撮影がいつまで経ってもできない。実はLCDのついているリリーズを取り外してレシーバーに付け替えなければならない。一応日本語の説明書がPDFで送られてくるのだが、これを読んでもよくわからなかった。しばらくペアリングに迷ったのち「マニュアルの表現がおかしいのでは?」と小さい方をカメラにつけたらマニュアルの意味が全て通って撮影もできるようになった。

一度セットアップすれば簡単に撮影ができる。ただレビューにも書いてあるとおりLCDのついたレリーズ部が重すぎるためコードが切れる危険性は高いのだろうなあと思った。

ちなみにCANON版も売られている。CANON版も同じ3100円である。CANONは純正のリモコンがあるので別に必要ないといえば必要はないのだが、よく見ると全く同じセットでコードが2.5mmピンになっているだけである。おそらく2.5mmピンを買ってくればリモコンを二つ買わなくてもいいような気がする。

多分使っているうちにコードがダメになって使えなくなるんだろうなあと思うのだが、コードだけは売っていない気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です