初めてのWi-Fi対応カメラ、Lumix DMC-GF6を購入した

ハードオフでLumix DMC-GF6というカメラを見つけた。ジャンクにしては割高の5500円だ。ジャンクの理由は液晶画面の変色ということだったのだが特に変色している様子はなかったので購入してきた。ジャンクの理由は後にわかるのだが実際には思ったよりも深刻なものだった。

DMC GF2もDMC GF6もどちらもエントリーモデルである。

ジャンクとしてはかなり高価な5500円

操作方法はGF-2とGF-6で似ている

操作方法は既に持っているGF-2とほとんど同じである。GF-2にはダイヤルが付いていなかったりボタンの数が少なかったりするのだが、どっちみち操作方法が複雑すぎるためあまり使っていない。

操作方法も形もよく似ているGF-2とGF-6

iOSデバイスとのWi-Fi接続は意外と複雑

このブログはジャンクマックブログなのでiPadも古いものを使っている。iOS 9.3.1までしかアップデートできないiPad3だ。Panasonic Image AppとLUMIX Linkという二つの同じようなアプリがあるのだが両方利用OKだった。このうちPanasonic Image Appを使うことにした。Wi-Fi接続を選ぶとパスワードが表示されるのでそれを正確に打ち込むと接続ができる。

  1. まずDMC-GF6側でWi-Fi接続を選ぶ
  2. IDとパスワードが表示されるのでiPadのWi-Fi接続画面に行き、パスワードを正確に登録する。念の為にiPadとデジカメはできるだけ近いところに置いておく。
  3. 一度登録されるとデジカメ側にも設定が記録されるので二回目以降はこの設定を使えば自動で接続してくれるはずである。

ところがさまざまな人のブログを見ると「Wi-Fiの接続がうまくゆかない」という声が多い。そもそも毎回ボタン操作が必要なためにあまり便利ではない。

ただ一旦接続が完了すると後は広い画面でカメラ操作ができるためスタジオワークへの応用は広がりそうだ。

弱点はやはり液晶モニターだった

「ジャンク」という割には液晶モニターの調子は良かった。自撮り用に液晶が動かせるようになっているのだがしばらく動かしているうちに液晶の変色が起こるようになった。ああこれがジャンクの理由だなあと思ったのも束の間、液晶モニターが全く表示されなくなってしまった。

実はこのカメラに使っているオリンパスレンズにも同じような持病がある。しばらく望遠側に伸ばして使っていると内部のフレキケーブルが断線してしまうのだ。こうなると「レンズを確認してください」というエラーが出るようになりレンズが使えなくなる。

GF-6はこの断線や接触不良が液晶モニターで起きているのかもしれない。液晶パネルを収納してしばらく押さえたところ接点が復活したのか再び液晶表示できるようになった。きちんとしまうと表示されるようなので液晶をチルトさせないようにした。

また本来ならタッチスクリーンができるはずだがそれが全く使えない。このためタッチ機能をオフにするしかなかった。一応iPadを使えばタッチスクリーンを使ったフォーカスの移動はできる。

スマホに押されて売り上げが落ちていたデジカメはかなり無理をして「自撮りモード」を入れたのだろう。だが構造上液晶ディスプレイを回転させなければスマホのような自撮りが実現できなかった。そこで機構に無理が生じ故障の原因になったものと思われる。

このままでは持ち運べないためこのカメラは据え置きにして使うしかなさそうだ。なおタッチパネルはオフにして使うことができる。外で気軽に自撮りをするなら高級コンデジかスマホで十分なのだ。

液晶故障を回避するためにはAndroid端末が使えそう

このまま液晶が使えなくなったらゴミを5、500円で購入したことになってしまうのか?と思ったのだが、一応回避方法はありそうだ。

  1. Fn2ボタンをWi-Fi接続にしておく。
  2. Felica対応のAndroidスマホを準備する
  3. おさいふ携帯のマークをカメラの同じマークに近づけると自動的に接続しスマホを液晶画面の代わりに使うことができる。

実際に液晶モニターが使えなくなった時に試したのだがNFCマークのところに近づければ自動で接続してくれるようだ。無料期間が終わり用済みになったRakuten Miniが意外なところで使えることがわかった。

GF-2の方が便利なのかも

ティザー機能に期待して買ったのだがやはりジャンクだけあってそれなりに弱点を抱えている。これなら場合によってはGF-2にPQI Airカード(SDカード自体がWi-Fi対応になっていて転送ができる)を入れた方が便利なのかもしれない。

ちょっと損をした気分になったので一応スペックを調べてみた。

GF-2とGF-6の違い

  • 発売日
    • GF-2:2010年11月
      • 新たにAVCHD規格へ対応した。AVCHDでは60フレームが使えるようになったがMacなどの編集にはコンバージョンが必要でありあまり向いていない。
    • GF-6:2013年4月
      • 高いISO対応で暗いところでのノイズが低減した。
      • Wi-Fiに対応しアプリを使った撮影に対応。NFCに対応したAndroidスマートフォンやタブレットにタッチするだけでWi-Fiの初期設定などができる機能も搭載。
  • 画素数
    • GF-2:1210万画素(4/3 Live Moss)
    • GF-6:1600万画素(4/3 Live Moss)
  • ISO
    • GF-2:100-640
    • GF-6:160−12800
  • 動画(MP-4)
    • GF-2:HD30
    • GF-6:FHD30コマ/20 Mbps
  • 音声
    • GF-2:ステレオ
    • GF-6:ステレオ
  • Wi-Fi
    • GF-2:Wi-Fi機能なし。ただしWi-Fi接続ができるSDカードを使えば転送機能が実装できる。
    • GF-6:Wi-Fi機能あり
      • IEE 802.11 b/g/n
      • WPA, WPA2
  • バッテリー
    • GF-2:DMW-BLD10(7.2V/1010mA)
    • GF-6:DMW-BLG10(7.2V/1025mA)

マイクロフォーサーズを買って後悔する人・しない人

マイクロフォーサーズのカメラを持っている。カメラについて研究しようとしていた時期があり「どんなカメラか」が知りたかったからである。しばらく使って見て「微妙なカメラだな」と後悔した。

なんとなく後悔した点について書きたいと思うのだが、後悔はどちらかというと「ジャンク愛好家目線」である。

“マイクロフォーサーズを買って後悔する人・しない人” の続きを読む

Logicool C270nはどれくらい使えるWebカメラなのか

LogicoolのC270nというWebカメラを買った。今回はこのカメラがどれくらい使えるものなのかを他のWebカメラと比較する。

総論

価格の割にはとても使いやすいカメラだが、直射日光などのがあたるとキメの粗さがでてしまう。MacMiniのようにマイクもカメラも付いていないMacと使うとUSBポートを一つだけ埋めるので便利である。ただし、最近のカメラ付きMacを持っているならわざわざ買い換えなくてもいい。

左がc270nで右がELECOMのWebカメラ
“Logicool C270nはどれくらい使えるWebカメラなのか” の続きを読む

侮って悪かった……Lumix DMC GF2のいいところ

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm

最近、CANONのEOS X4というカメラを買った。ジャンクで買った一眼レフカメラが増えてきたので「いくつか手放そうかなあ」と思っている。

そこで候補になったのがLumix DMC GF2である。マイクロフォーサーズなのでちょっと魅力を感じなくなってしまったのでだ。コンテジほど小さくない中途半端なところがある。

“侮って悪かった……Lumix DMC GF2のいいところ” の続きを読む

GF-2のマイカラー設定を試す

デジタルカメラの色合いを見たいと考えて比較をしてみたのだがiPhoneに勝てなかった。最近のデジカメはデジカメ側で色作りをしているので下手に操作できない。そこでデジカメが準備している色設定を使うとどうなるのだろうかと思った。GF-2には「マイカラー」というモードがあるので試してみた。

結論から言うと、素人がPhotoshopで操作するよりはカメラにお任せにしたほうが出来上がりはよくなる。モニターはSpyder2Expressでキャリブレートしたものを使っている。日の光は朝の自然光である。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm
“GF-2のマイカラー設定を試す” の続きを読む

デジタルカメラのスペックまとめ

所有しているデジカメのスペックをまとめた。ついでにどんな色が出るのか写真を撮影して試してみた。

2020年現在持っているカメラ(撮影に使ったDSLR-100を除く)
“デジタルカメラのスペックまとめ” の続きを読む

EOS Kiss DigitalからEOS Kiss Digital X4に乗り換える

今更ながらEOS Kiss Digital X4を入手した。本体価格6,000円だった。ジャンク理由はチャージャーがないことだった。こういうものは買わないことにしているのだがジャンク箱の中に専用のチャージャーが入っていた。「これはラッキーなのではないか」と1日考えた挙句購入したのだが、もしかしたらハードオフの人のまんまとやられたのかもしれない。まあ宝探し的な楽しさはあった。

“EOS Kiss DigitalからEOS Kiss Digital X4に乗り換える” の続きを読む

APS-Cとデジタルフォーサースのボケ具合を比較してみる

APS-Cとデジタルフォーサーズのカメラをいくつか買ったのでオブジェクトを置いて後ろのボケ具合を比べてみた。

“APS-Cとデジタルフォーサースのボケ具合を比較してみる” の続きを読む

LUMIXのUSBケーブルは入手しにくい

ジャンクカメラ遊びをしていると本体は手に入ったが付属品が手に入らないということがある。たいていの場合ケーブルは汎用品が使えるのだが、Lumixはそうではない。ケーブルが独自規格で入手が困難なものが多いのだ。

“LUMIXのUSBケーブルは入手しにくい” の続きを読む