LUMIXのUSBケーブルは入手しにくい

ジャンクカメラ遊びをしていると本体は手に入ったが付属品が手に入らないということがある。たいていの場合ケーブルは汎用品が使えるのだが、Lumixはそうではない。ケーブルが独自規格で入手が困難なものが多いのだ。

“LUMIXのUSBケーブルは入手しにくい” の続きを読む

オリンパスのボディキャップレンズBCL-1580を使ってみる

3000円程度でPanasonic Lumix DMC-GF2を手に入れた。これに2,700円で売っているオリンパスのボディキャップレンズを付けて写真を撮影してみた。マニュアルで何も考えずに写真撮影が楽しめる。

“オリンパスのボディキャップレンズBCL-1580を使ってみる” の続きを読む

Lumix DMC-GF2/M.Zuiko Digital 14mm-42mmで撮影してみる

ということでLumix DMC-GF2/M.Zuiko Digital 14mm-42mmで写真撮影してみた。とはいっても25mm(付近)固定になっていてズームも広角も使えない。中の機構が壊れていて動かすとレンズエラーが出てしまうのである。カメラの性能を見るためにAIオートだけで撮影してみた。

“Lumix DMC-GF2/M.Zuiko Digital 14mm-42mmで撮影してみる” の続きを読む

Lumix GF2のライブビューを使ってみる

今までCANON EOS Kiss Digitalを使い続けていた。ファインダー越しのピント合わせは実はちょっと不便だ。マイクロフォーサーズのミラーレスカメラではこんなことをやる必要はない。スクリーンを見ながらピント合わせができるからである。画期的だと思った。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm
“Lumix GF2のライブビューを使ってみる” の続きを読む

ジャンク遊びにはあまり向かないマイクロフォーサーズ Lumix GF2

デジタルカメラのジャンク遊びをしていてコンデジと一眼レフの間にあるマイクロフォーサーズが気になっていた。本体だけなら安く出回っているので買ってみたのだが、結論から言うとジャンク遊びには向いていない。

Lumix GF-2/M.Zuiko Digital 14mm-42mm
“ジャンク遊びにはあまり向かないマイクロフォーサーズ Lumix GF2” の続きを読む

Canon EOS Kiss Digitalのレンズを変えて楽しむ

一眼レフはレンズを変えて楽しむものだ。ということでEOS Kiss Digitalに安価なレンズを買ってきていろいろ試してみた。この中ではF1.8の「撒き餌」と呼ばれる単焦点レンズが一番高かった。いずれもデジカメ前からある古いレンズだ。ヤフオクやハードオフなどで時折見かける。

左からEF 28mm-80mm F3.5-5.6、EF50mm F1.8、Tamron 70-300mm F4-5.6 LD TELE-MACRO(1:2)
“Canon EOS Kiss Digitalのレンズを変えて楽しむ” の続きを読む

安価な投資でカメラが上手になった気分に浸れるというF-1.8単焦点撒き餌レンズを試してみた

CANON EOS Kiss Digitalを買って、しばらくはEF 28mm-80mm F3.5-5.6という標準的なレンズを使っていた。WEARに投稿するのにボケがちゃんと出るものが欲しくなりF1.8レンズを探すことにした。結論からいうと良い買い物だった。

左からEF 28mm-80mm F3.5-5.6、EF50mm F1.8、Tamron 70-300mm F4-5.6 LD TELE-MACRO(1:2)
“安価な投資でカメラが上手になった気分に浸れるというF-1.8単焦点撒き餌レンズを試してみた” の続きを読む

EOS Kiss Digital を買ってEOS Utilityがダウンロードできなかったら……

EOS Kiss Digital(初代)を買うといろいろなソフトウェアをダウンロードして使うことができる。実はEOS Utilityもダウンロードさえすれば使えるようになる。ただ機能を全て使うことはできない。画像の取り込みはできるのだがテザー撮影はできないのだ。

“EOS Kiss Digital を買ってEOS Utilityがダウンロードできなかったら……” の続きを読む

CD-ROMのないEOS一眼レフデジカメを手に入れたら

CD-ROMがなくても、EOSデジタル用のソフトはダウンロードもできる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、中古ショップでEOS Kiss Digital手に入れてから二週間経った。撮影には問題がないのだが、電池以外の付属品がついていないので、ソフトを手に入れるのは諦めていた。

“CD-ROMのないEOS一眼レフデジカメを手に入れたら” の続きを読む

古いEOS Kiss Digital 初代は使えるのか

4,000円で手に入れたデジタル一眼レフカメラだが、結構使える。

ブログの写真をきれいに撮りたいがお金もないのでEOS Kiss Digital(初代)オークションで手に入れた。一眼レフカメラなので背景ボケのある写真が撮影できる。さらに昔のMacを買ってくると写真の管理も簡単である。手軽にデジタルフォトスタジオが作れるのだ。

EOS Kiss Digital(初代)は中古ショップやヤフオクなどで安く手に入れることができるが当時初心者としては色々と心配な点もあった。この文章は2016年に書いて2022年に見直している。今思うと微笑ましいなと思ったりもするのだが当時はこれで大満足だった。安いものを見つけたらぜひ一台手に入れてもらいたい気軽なカメラだ。

“古いEOS Kiss Digital 初代は使えるのか” の続きを読む