iPad3のモニターを再利用してモバイルモニターがついたMacMiniのセットを作る

モバイルモニターがついた持ち運びができるMacMiniのセットを作った。

USBで給電するレティナディスプレイのMacMiniのセットを作った

最初のきっかけはヤフオクでアクティベーションロックのかかったiPad3を使えないということを知らずに買ったことだった。2,000円程度だったと思う。諦めきれずにいろいろ探したところAbuseMarkという会社が作った基盤を使えば再利用できるということを知った。本体価格3,000円(手数料420円)だった。

早速取り寄せたのだが、ここで事件が起きた。USBの給電端子を折ってしまったのである。基盤を見るとこれとは別に穴が空いていてそこにUSBケーブルから取った電線を入れると給電ができることがわかった。

諦めきれずにガムテープで固定してみたが電源が不安定になる。動かすと電気が通らなくなってしまうのである。一ヶ月くらい放置していたのだが、思い切って半田で固定してみることにした。30wの半田ごてがあったのでダイソーで100円半田を買ってきてつけた。小学生以来だった。きれいにはついていないとは思うのだがとりあえず動かしても大丈夫なところまで持ってくることはできた。グラグラしないように厳重に(大げさなまでに)ガムテープで固定してあるので裏面はかなり汚い。またアクリル板や保護パネルが一切付いていないので厳密にはとても持ち運びはできそうにない。

端子が案外脆いのでこれから作業する人は気をつけたほうがいい。
今度はミニディスプレイポートが折れないかとドキドキである。

本当はケースも作りたかったのだが不器用な上にまた配線を壊してしまうと困るのでケース作りは諦めてダイソーのブックスタンドで代用することにした。いろいろなブログを見るとみな器用にフレームを作っているようで羨ましい……

この基板にはスイッチが付いている。輝度調節と電源スイッチの役割を果たす。輝度調節するときには長押ししてやると最初は輝度を上げるモードになり、もう一度長押しすると輝度を下げるモードになる。輝度最大だと電源が不安定になることあったので幾分か下げてやるときれいに映るようになる。

Buffaloのスイッチ付きUSBハブ

電源は自動では切れない。スリープモードにしても給電されっぱなしなのである。そこでスイッチ付きのUSBハブを300円で購入してきた。

ハブとして複数のUSBをつなぐようとには使えないと思うのだが、とりあえず1本だけなら電源は供給できるようである。おそらく電源を要求しないカメラくらいならつなげそうな気がする。

ということで、HighSierraが乗ったちょっとモバイルっぽいMacのセットができた。普段はiPad3の母艦として使っているのだが、それ以外にあまり用途がなくフォトフレーム代わりに使ったり、YouTubeを見たりしている。

不器用な人がiPad3モニターの再利用をするとどうなるか

ちょっと昔にiPad3のモニターを再利用してRetinaディスプレイを作るというプロジェクトが流行ったことがあるらしい。世の中には才能に恵まれた器用な人たちがいて問題なくプロジェクトを完成させているのだが、これを不器用な人がやるとどうなるかというレポートをやってみたい。

続きを読む 不器用な人がiPad3モニターの再利用をするとどうなるか

ポータブル録画機として使えるMacbook

ヤフオクを見ると今でも白いCore2DuoのMacbookがたくさん売られている。売られているのだが、OSが10.7までしか上がらない。中途半端なんじゃないかと思うのだが、周辺機器次第ではまだ使い道がある。地上デジタルの録画機になるのである。

ただ、Macbookにはチューナーはついていない。そこでハードオフでGV-MACTVを見つけて買ってきた。これもジャンクで500円だった。アダプターは2000円くらいでヤフオクを物色した。あと100円のアンテナをつけて完成である。

続きを読む ポータブル録画機として使えるMacbook

まだまだ現役で使えるiMac Mid 2007

ジャンクなマックでどこまで遊べるかということをテーマにして書いている。今回はメインマシーンのiMac Mid 2007のご紹介である。

このマシーンはまだ現役で使えている。ウィルスソフトも入れているしYouTubeの動作にも全く問題がない。だが、マシーンとしては型落ちである。El Capitanまでしかアップデートできないのである。

実はハードディスクのままで運用しているMacmini Mid 2010よりも立ち上がりが早い。SSDに換装したからである。iMacは開腹が簡単なのでハードディスクが乗せやすいのだ。

続きを読む まだまだ現役で使えるiMac Mid 2007

MacMini 2010をネットテレビにしよう

MacMini Mid 2010を見つけたハードオフで15,000円である。ジャンクとしては中途半端な値段で「どうしようかなあ」と思ったのだが買ってしまった。OSが入っていないという理由でジャンクになっていたのだが、実はOSは無料で手に入れられる。

続きを読む MacMini 2010をネットテレビにしよう

JunkなMacMini G4でなんとか遊べないか……

MacMiniG4を持っている。これがなかなか中途半端なのだ。いろいろ試行錯誤してみた。

ハードオフでWacom DTI520という古い液晶タブレットを見つけた。ACアダプターがないということで1000円で売られていたのだ。似た規格のACアダプター500円で見つけたら動いたので「少なくともモニターとしては使えるだろう」ということで引き取ってきた。

続きを読む JunkなMacMini G4でなんとか遊べないか……

MacMini Mid 2010の復元とセットアップ

ハードオフでMacMini Mid 2010が売られていた。OSが入っておらずジャンクだそうである。ヤフオクで相場を調べたらやや高めなのだが、やり取りをして送料を負担してという手間を考えると、その場で買えた方がいいやとも思える。で、結局必要もないのに買ってしまった。

ジャンク扱いされていた理由は二つある。DVDドライブが働かないというのが一点。もう一つはOSが入っていないことである。で、なぜOSが入っていないかを聞いたところAppleIDを入れてダウンロードを試みたができなかったとのことだ。これは「買いだ」と思った。Macは起動さえしてハードディスクが大丈夫ならなんとかなることが多いのだ。

続きを読む MacMini Mid 2010の復元とセットアップ

Macでディスクが論理的に壊れてしまった時の対処方法

バックアップに使っているハードディスクが壊れた。パーテーションを3つ切って複数のパソコンで使い回していたのだが、外すときに操作を間違えたらしい。OSで取り出してから電源を切る必要があるのだが、ついつい面倒でやらなかったのかもしれないのだがよくわからない。

いろいろ「はまった」末に、結局Windowsを持ち出して解決した。つまりMacだけでは解決できなかったのだ。

続きを読む Macでディスクが論理的に壊れてしまった時の対処方法

iPod Touch第五世代とダイソーのケーブル

iPhone 3GsをSIMなしで使っていたのだが、さすがに使えるアプリがなくなってしまったので、今更ながらIPod Touch 第5世代を買った。iOSを9.3.5まであげることができるのでバックグラウンド機能を利用しないアプリならほとんど使えるようになった。

だが、最終的にこのiPodは壊れてしまった。原因はおそらくダイソーのケーブルである。つまり100円均一のケーブルはやはり問題があるのだ。

続きを読む iPod Touch第五世代とダイソーのケーブル

AppleScriptでwi-fiを切り替える方法

今回ご紹介するのはAppleScriptを利用してwi-fiを切り替える方法だ。結果的には、手で切り替えるほうが早いので使わなくなってしまったが、一応スクリプティングで切り替えることはできる。

このAppleScriptの使い方を覚えておくと、Macのメニューを操作する方法が学べる。

続きを読む AppleScriptでwi-fiを切り替える方法