Mac Mini 2010と2014の起動比較をしてみる

最近、Mac Mini 2014を手に入れた。なぜか最初からSSDが入っていた。またMacbookを廃棄したので中に入っていたSSDをMac Mini 2010に移植した。くしくもSSD化したMac Miniが二代手に入ったので起動実験をしてみた。

上のCOBYのモニターがMac Mini 2014。下がMac Mini 2010だ。

色々なソフトウェアが入っているわけではないこともあり、結果的にはどちらもだいたい1分くらいで起動した。

Mac Mini 2010のSSDは自分でインストールしたのだが道具さえ持って入れば割と簡単に入れ替え作業ができる。もう退役させようかなと思っている人がいるならぜひ試してもらいたいと思う。

MacbookのSSDをMacmini 2010に換装する

Mac Mini 2010のハードディスクをSSDに入れ替えた。作業はとても簡単だった。

最近、Macbookが退役した。ビデオ録画機として1時間くらい使っていると電源が落ちるようになりしばらく使用を控えていたのだが最近再び使おうとしてスクリーンセーバー状態で立ち上げてたところ30分くらいで落ちてしまった。

後生大事に持っていても仕方ないので粗大ゴミに出すことにした。都市鉱山ということで最近は市役所などで引き取ってくれる。市と提携しているケーズデンキに持っていった。

結果的に128GBのSSDが一つ残った。

続きを読む MacbookのSSDをMacmini 2010に換装する

Mac Mini 2014にBig Surをインストールする

High Sierraはまだ現役で使えるのだがそろそろシステムアップデートがなくなるのではないかと思う。最終は2020年11月だった。新しいOSが入るMacを手に入れておこうとMac Mini 2014を入手した。おそらくこれが一番安い。Display Portが潰れているというMac Miniをヤフオクで見つけて20,000円でゲットした。ヤフオクの5%割引クーポンが手に入り送料は500円だったので総額で19,500円ということになる。

続きを読む Mac Mini 2014にBig Surをインストールする

iPhone 5cを390円で購入したのだが……

2021年2月になってiPhone 5cを390円で購入した。「今更」である。wi-fiによるアクティベートはできたのだがDoCoMo対応のSIMは使えなかった。設定を見てもわからないのだがauによるSIMロックがかかっているらしい。ところがiPhone 6以前のiPhoneはSIMロック解除に対応していないという。さらに悪いことにau対応のSIMを手に入れても2022年3月までしか使えないという。

格安SIMを安く運用したいならiPhone 6s以降を買うべきだということになる。

続きを読む iPhone 5cを390円で購入したのだが……

ハードオフで安いiPhone 8を手に入れたのだが……

このところ、スマホ購入のサポートをしていたのだが自分でも欲しくなってしまった。そこで中古相場を調べた。iPhone 8はAmazonの整備品が25,000円くらいで出ている。最近中古スマホの売買を始めたGEOで20,000円程度である。ところがハードオフで15000円んというのを見つけた。画面の一部に欠けがあり「落下させたのでは?」と思えるのだが買って見た。結論から言うと失敗だったと思う。

iPhone 8, iPhone 6s, iPhoneSE
続きを読む ハードオフで安いiPhone 8を手に入れたのだが……

使わなくなったiPhoneを子機として使う

ある日iPhoneの設定をしていたら新しいiPhone、古いiPhone、iPadが同時に着信した。驚いたのだが、実は使わなくなったiPhoneは新しいiPhoneの子機として使える。iPhone同士であればAppleIDを合わせておくだけでいい。

続きを読む 使わなくなったiPhoneを子機として使う