ヤフオクでロックがかかったMacをつかまされないようにするためにはどうしたらいいのか

コメント欄で、中古でMacを買って、そこに古くから使っているハードディスクからコピーしたOSを使いたいのだがというコメントをもらった。これが古い所有者のAppleIDとコンフリクトしてロックされることはないかというのである。おそらくこれは心配ないと思う。

続きを読む ヤフオクでロックがかかったMacをつかまされないようにするためにはどうしたらいいのか

MacからiPhoneを使って電話できない時に時に試すこと

Mac側のFaceTimeとiOSのApple IDを合わせることによって連携ができることになっている。早速やって見たのだが、Mac側からiPhoneが見えているのに全くつながらない。

だが、ある日iPhoneで電話をしている時にiMacが見えていることに気がついた。スピーカーの宛先をMacに設定できるのである。実際にやって見たのだが最初は全く音が出なかった。やっぱり失敗したんだなと思った次の瞬間にMacから音が出て来た。当然のことながらiMacの方が音は良い。

続きを読む MacからiPhoneを使って電話できない時に時に試すこと

Macbook Air 2010/2011のSSDを入れ替える

Macbook AirのSSDは入れ替えが可能である。ただし、専門用語が多く予備知識なしには何を選んでいいかわからない。そこで専門用語を調べつつ、どれくらいの値段で入れ替えが可能なのかを調べてみた。

続きを読む Macbook Air 2010/2011のSSDを入れ替える

ヤフオク観察記録 – Macbookを格安で買うためには

土日(特に日曜日)にはたくさんのMacbookが出品される。3,000円で検索して見てどんなものが引っかかるのかを見てゆきたい。

Macbook A1181

バックライト不良や電源がつかないものなどが2,000円から3,000円で出回っている。即決価格なのでそのまま落とせる。Lionまでしか行かないはずなのでインターネットを使うのは無理。

1,000円で落札者がつかずずっと出品されつづけているものもある。どれもOSとACアダプタがないので、別途揃えなければならない。アダプターは2000円程度でMagsafe 60wを買えばいいが、OS(一応Appleが売ってくれるのだが……)を持っていなければ結構高くつくかもしれない。

だが、Core2Duoでそこそこ高速(Macbook Air 2010などよりも実はずっと早い)なので、楽器にも使えるしグラフィック機にもなる。

Macbook Air

Macbook Airの裏蓋を開けるためにはペンタローブ1.2mmという特殊なドライバーが必要である。だいたい500円くらいの出費になる。

Macbook Air Late 2008

起動せず。HDD抜き取りしてあるという。この時代はSSDではなく特殊形状のHDDだそうだ。いちおうAmazonで検索して見たがあまり普及していないタイプなので20,000円以上するものしか検索できなかった。ということでHDDが抜いてある2008年モデルはおそらくとても高くつく。

Macbook Air 2010

おそらくOSインストールが途中まで済んだ状態の物が売られていた。入札数12で2,400円。

もしかしたらOSがインストールできない状態なのかもしれないが、それでも外付けSSDかHDDで起動して内部のSSDを初期化した上でOSを入れればそのまま動くはず。

HDDケースはAmazonで1000円程度で手に入る。HDDはハードオフにゆけば1,000円くらいで手に入るだろう。

Macbook Air 2010 Core2Duo 13インチ 1.86Ghz/128GB

現在価格2,000円で現在落札者なしだがそこそこいい値段がつくのではないか。High Sierraが入った完動品である。電池は5,000円程度で程入るのだが2010年とそれ以降では電池の形状が異なるそうである。Amazonでは二つともMacbookAir用バッテリーとして売られているので注意が必要である。

Macbook ?

起動しない上にSSDが入っていない物に3,200円の値段がついていた。写真を見ると2013年と書いてあるのでそれを見て狙っている人がいるのだろう。ヤフオクならではの光景である。

Macbook Air 4.1 Corei7 1.8Ghz

4.1は2011年モデル。ちなみにCorei5が入っているので表記間違いと思われる。最終的に6,250円の値段がついた。起動はするのだが底面に穴が空いているそうだ。おそらくバッテリーが膨らんだ時に穴を開けたのだろう。乱暴極まりない。SSDが入っているかどうかは不明。SSDが入っていなければ7,000円くらいの出費になる。バッテリーを入れ替えると5,000円の出費。High Sierraが動くが20,000円くらいにはなってしまうわけである。ちょっと微妙な値段かもしれない。

Macbook Air Early 2014

詳細は不明だが電源が入らない模様。SSDもないそうだ。最初に見た時点では34円だった。もし取り寄せて動けばラッキーだ。PRAMや電源管理システムのリセットをしたら動いたということはあるようだが、3000円以上だとおそらくちょっと危険な賭けだろうなあと思う。これはMagsafe2の60Wを使うようだ。最終的に9,250円という値段がついた。動けばもっと高い値段で売れるだろう。

Macbook Air 2015

電池が膨らんでいて起動もしなくなったというものが、最終的に14,100円で競り落とされた。SSDは外しているそうだ。同じ規格のSSDは14000円くらいの値段なのでM2SSDにアダプターを噛ませるという手法がよく使われている。自分で換装できるようだが、SSDの種類によっては対応していないものもあるそうなのでAmazonなどで実績があるものを探したほうが良さそうである。動けばプラス6000円くらいで稼働させることはできるのだが、果たしてこれ本当に動くのだろうか。

とにかく、最新OSが動く世代位のものは20,000円くらいの出費が必要なようである。

Macbook Pro

Macbook Pro (A1278?) Early 2006

現在1,100円。画面表示はされて?マークは出るそうだ。A1278と言われても複数あって特定できない。そもそもCore2Duo 2GhzなのでEarly 2006なのかもしれない。すると本当の型番はA1212ということになる。85Wのマグセーフを使うそうだ。おそらくLionまでしか対応していないのでネットなどで利用するのは無理だと思った方が良さそうだ。

結局4,600円の値段がついたのだが、開いて見たらちょっと後悔するんじゃないだろうかなどと思ってしまった。

Macbook Pro A1212 2006年モデル

アダプターがないので何も確認できていないというモデル。3,000円で落札者なし。現役は厳しいので初期価格が3,000円はちょっと厳しいと思う。ましてや動かなければ意味は無いであろう。

Macbook Pro Core2Duo 2.53Ghz

Late 2008のようだがそう書いて欲しいところ。バッテリーがへたっていた使えないそうだ。画面などのコンディションは不明。「使っているアプリによってはエラーが出る」と書かれている。おそらくあまり知らない人が書いているのだろう。現在11円で即決価格が20,000円だそうである。20,000円は行かないかもしれない。El Capitanまでは上がるわけでその意味でも微妙だなあと思う。2008年より前のものは買ってもネットには接続できないと思った方がいい。2008年と2009年のものはEl Capitanまでは上がる。これはあと数年はギリギリ現役で使えそうなスペックである。

Macbook Pro Mid 2010 15インチ

メモリを8GBにするとセットアップができなかったとのこと。6GBでは起動している。HDDは外すそうだ。現在価格3,000円で入札者なし。これもHigh Sierraまでは動くので買いかもしれない。

Macbook Pro Mid 2010 13インチ

電池を取り外したそうで底面ネジが3本しか残っていない状態だという。それでもHigh Sierraが入った動作品なのでかなりの値段がつくのではないかと思う。最初3,000円弱で最終的に3,600円になった。おそらくかなり格安だと思う。いい買い物だったんじゃないだろうか。

Macbook Pro Mid 2010 13インチ

入札者が3名で2900円。スピーカーが音割れするとのこと。アダプターが付くそうだ。6,510円で落札された。10円余分に積んだ人の作戦がちかも。妥当な値段だろうなと思う。

Macbook Pro Mid 2010 13インチ

現在2,700円。外観が汚い他には特に問題はなさそう。二台出ていた。だいたい3000円くらいから始まるんだろうなと思う。5,250円と5,800円で落札された。この出品者はよくMacを出しているのでおそらくちゃんと確認は取れていると思う。非常に妥当な買い物なんじゃないかと思う。

型番の確認はこちらでできる。

Macbook Pro Early 2011 13インチ

ちょうどギリギリの2,800円で落札者が一人いた。起動はするがグラフィックに縦線が一本入っているという。これは修理できないと思う。USBポートの一つも反応しないそうだ。非常に微妙な製品と言える。最終的に3,800円という値段がついた。一応動くわけだから、妥当なところかもしれない。

Macbook Pro Core i5

起動する上にWindowsも入っているという。かなり高い値段が付くのだろうと思っていたが43,500円という値段がついた。なぜかCorei5としか書いていない。まあ、High Sierraは確実に動くのでしばらくは問題なく伝えるはずである。これならヤフオクではなく中古ショップで買えば動作確認もできるのになあなどと思ってしまった。

5,000円あったらどれくらいのMacやApple製品が買えるのか?

古いApple製品を集めている。元々はPowerbook G4 17インチモデルが壊れてしまいその後継を探していた。2016年のことだった。そのうちにだんだん古いApple製品に詳しくなっていった。この記事を書いているのが2020年だ。

続きを読む 5,000円あったらどれくらいのMacやApple製品が買えるのか?

Macbook Early 2008が突然シャットダウンする

テレビ録画機兼グラフィック機として利用していたMacook Early2008が突然落ちるようになった。原因はわからないのだがチューナーを使っていると落ちる。小型テレビとして便利に使っていたのだがテレビとしては退役である。

最初は空冷だろうと思い底面を開けてみた。次に中を開けて掃除をしてみた。だが現象は収まらなかった。いったん現象が出るとシャットダウンを繰り返す。ちょっとだけ怖くなった。

英語まで手を広げて調べてみるとヒートシンクが熱くなりすぎてセンサーの(なんのセンサーかまではわからないのだが)被覆を溶かしてショートするんだそうだ。回路を保護するために電源を落とすのだろう。2006年のブログ記事なのでよく知られた問題ということになる。交換プログラムについて書かれているがおそらくもう時効だと思う。なにせ14年前の出来事である。

The heat sink expands during operation and gets into contact with the sensor cable and melts the cable’s isolation. This in turn causes a short circuit and, thus, the immediate shutdown of the Macbook. 

Random Macbook Shutdowns. Solved. At Last. Hopefully.

グラフィック機として短い時間使うのは良さそうだが、一応OS10.5の環境を別に用意しつつそろりそろりと使ってゆこうと思っている。