A1278 MacBook楽器化計画

A1181を中心に予算10000円で4台のMacBookを使えるようにした。このうちディスプレイとキーボードが使えるものに用途を割り振って使えるようにしてゆきたいと思う。まずはA1278 MacBook Late 2008のGarageBandを入れて楽器として使いたい。

続きを読む A1278 MacBook楽器化計画

Magsafeアダプターの被覆破れを熱収縮テープで補強します

この前の1円MacプロジェクトでMagsafeアダプターを大量に購入した。被覆破れの純正品が5つ2400円で売られていたためである。非純正品が熱で飛ぶという経験をしていたので純正品が欲しかったわけだが、純正品は純正品で問題を抱えているということのようだ。

続きを読む Magsafeアダプターの被覆破れを熱収縮テープで補強します

中古で買ってきたMacに比較的古いOSを入れる。MacBook Late 2008/El Capitanの場合

中古で買った1円Macに新しくEl Capitanを入れようとしてハマった。結論から言うとAppleの公式サイト(macOS の起動可能なインストーラを作成する方法)にゆき、外付けのインストーラーを作らなければならない。この手法でEl Capitan以降のOSがインストールできる。だが、過去の情報が錯綜していて「検索すればするほど泥沼にハマる」ことになる。

一応今回も動画を作ったのだが、実はここには解決策は書かなかった。

手順は次の通りだ。

  • まず、比較的最新のOSが使えるMacに外付けHDDやUSBメモリを入れる。ファイルサイズは6GB程度だったので8GBか16GBくらいあれば大丈夫だと思う。今回は余裕を持って32GBにした。
  • Appleのサイトからファイルをダウンロードする。Appフォルダに展開される。
  • これを開かずにサイトの指示に従ってターミナルからコマンドを入力する。ボリューム名を書き換える必要があるので一回メモ帳などにコピーして作業した方がいいと思う。ボリューム名に空白が入っていると面倒なので空白は使わないほうがいい。
  • するとボリュームの内容と名前が書き換わりインストーラーが作られる。
  • そのインストーラーをターゲットになるMac(この場合はMacBook Late 2008)に接続しoptionを押して起動する。

これだけである。と。一旦できてしまうと簡単なのだが、ここに来るまでかなり紆余曲折があった。「以前のバージョンの macOS を入手する」と言う別のページがあり、ここからダウンロードするとアップデータがインストールされてしまう。実はこれが使えないのだ。ただこれでリカバリー領域が先に作られるので、今度はそれを使ってクリーンインストールしようとした。だが、これでもハマる人が大勢いるらしく「対策」の解説ページもたくさん作られている。

  • 時計を2016年1月1日にしなさい
  • Apple IDを入れればすんなり動きますよ

などと書いてあるものもある。

実際にやってみたが「インストールできるファイルがない」などとして先に進まない。Apple IDでEl Capitanをダウンロードした実績がなければApple IDを使ってダウンロードすることもできない。おそらく、以前はこうしたチェックを行なっていたのだろう。

このやり方だと「工場出荷時の状態に戻して」から地道に一つ一つ上げてゆかなければならないようだ。

ところが専用のインストーラーを作れと書いてあるページがあった。専用ソフトまで紹介されている。だが、実際にはAppleが公式のインストーラを出していて「知っている人は知っている」と言う状態になっている。実際にやり方がわかってから読み直すと「ああ、そう言う意味だったのね」わかるのだが、自力で結論にたどり着くまでは何を言っているのかよくわからなかった。

多分、メインはOS10.5.8になるのでEl Capitanはあまり使わないと思う。ただHigh Sierraにしてもこのやり方でインストーラだけ作っておけば、予備で環境を作っておいて常時保管すると言うような面倒なことはしなくても良さそうだ。

なお2016年1月1日の件だが、Appleが証明書を入れ替えたためにAppストアで昔買ったOSインストーラーは使えないと言う不具合があるようだ。このため2016年ごろに迂回策として「日付を元に戻しては?」というtipsが出回ったのだろう。改めて整理してみると背景がわかるのだが、実際に作業をしている時にはかなり戸惑いがあった。

とりあえず1円Mac計画は順調に進んでいる。ACアダプターを購入しOSも上げられるところまで上げた。一応これでかなり使えるようになったと思う。

My Gadget MacBook Collection

High Sierraまで上げられるモデル。処理速度は早くないがとにかく軽くて電池の持ちが良いのでちょっとしたワープロ作業や持ち運びには便利かもしれない。電池が膨れた状態で格安入手した。電池を入れ替えて使えるようにした。ただし画面は小さい。

ポリカーボネートモデルの最終盤。過去のA1181と共通の部品を使って修理が可能。El CapitanまでOSがあげられるので、ぎりぎりネットやiCloudに接続して利用できる。3台のジャンクを2,400円で購入し使える部品を集めて再編成した。最後に電池を購入して装着してある。

グラフィック性能が向上したアルミニウムユニボディモデルの元祖。El Capitanまでアップグレード可能。1円で落札して使えるようにしたがフロントガラスがなくカメラも抜かれていた。現在グラフィック機として現役稼働している。

この世代まではLionまでしか上げられない。PowerPC時代のソフトが使えるOS 10.5環境の保全などに最適。キーボードコネクタが破損しているため、ロジックボードから直接ブートする。

ジャンクMacの紹介をする

ジャンクMacが増えてきたので改めて整理することにした。ビデオを作って思ったのだが「思ったより安くないかもしれないな」と思った。本体代金を抑えることができても修理にお金がかかったりする。反省ついでにまとめてみようと思った。

続きを読む ジャンクMacの紹介をする

非純正ACアダプターのせいでまだ使えるMacbookを捨ててしまったかもしれないという話……

きっかけは1円で購入したMacbook Late2008だった。最初は機嫌よく動いていたのだがどうも様子がおかしい。

最初は外付けHDDを使っている時に落ちると思っていたのだがそのうち内臓HDDでも落ちるようになった。このためこのMacbookを使ったOSのアップデート作業ができなくなった。やっぱり1円Macはダメなのかな?と思った。

続きを読む 非純正ACアダプターのせいでまだ使えるMacbookを捨ててしまったかもしれないという話……

Macbookが落ちてしまうのはもしかしたらMagsafe ACアダプターのせいだったかも

Macbook Late 2008を購入したのだが電源が落ちてしまう。本体のせいかもしれないと考えてUSBでつないだHDDから起動してみたり分解まで試みたのだが「おかしい」ところが見つからない。ファンにちょっと埃がついていたりはしたが概ね問題はなさそうだった。そういえばポリカMacbookも同じような現象だったなあと思った。

続きを読む Macbookが落ちてしまうのはもしかしたらMagsafe ACアダプターのせいだったかも