無償版G Suiteが結局継続に

楽天モバイルの0円廃止ですっかり忘れていたのだが、G Suiteも無料版を継続しないと言っていた。経過措置が終わるまでに解約しなければと思っていたのが放置していたのだが、結局無償版は生き残ったようだ。無事に無償のままで使えるようになった。今後はビジネス利用はできなくなるそうである。G Suite Legacy脱出計画というカテゴリーまで作ったのだが結局はそのまま使い続けることにした。

“無償版G Suiteが結局継続に” の続きを読む

ラクサバのIPアドレスはGoogleからスパム認定されていた

GoogleWorkspaceの無料提供が終わるので移行作業を進めていた。ドメインをGmail側に移してメールサービスは格安のレンタルサーバーであるラクサバに移した。ところがここからメールを送るとGoogleから弾かれてしまう。どうやらラクサバがスパム認定されていたようである。話のわからないサポートと戦いようやくメールが送れるようになった。

このカテゴリーの記事はここで読めます。

“ラクサバのIPアドレスはGoogleからスパム認定されていた” の続きを読む

G Suite Legacyがなくなるのでメールの設定を見直す

G Suite Legacyがなくなるので各種設定を見直している。ドメイン名をGMAILアカウントに紐づいたGoogleドメインに移した。次に専用のメールサーバーを準備してこれまでのアカウントを全て移行した。

見直してみて「これはかなり複雑だな」と感じた。

“G Suite Legacyがなくなるのでメールの設定を見直す” の続きを読む

G SuiteからGoogleドメインへのドメイン管理方法

このカテゴリーの記事はここで読めます。

Google Appsとして知られていたG Suite無料版が廃止されると言う突然の発表があり驚きが広がった。価格設定が中途半端だったことや「解釈しない限り自動的に有料版に移行する」と言うやり方があまり好ましく思われていないようで「脱出法」が議論されている。たしサポートページの書き方がよくわからないせいで一部混乱も広がっているようだ。何ができて何ができないのかがよくわからないのである。

このためG Suiteのアカウントに紐づけてあったドメイン名をGoogleドメインというサービスに移行させることにした。10ドルから1400円(税抜き)と若干の値上げになるのだがドメイン名がなくなりこれまで積み上げてきたブログが全て無意味になってしまうのはもっと困る。

  1. G SuiteのアカウントからGoogleドメインへの移行手続きはそれほど難しくない。まずGoogleドメインに普段使っているアカウントでログインする。
  2. [移管]を選択する。
    1. クレジットカードが登録されていなければクレジットカードを準備する。
    2. 移管元(この場合はeNom)に行きRegistrar Lockを解除する。
    3. EPP情報を登録されているメール宛に送る。
  3. マイドメインに「移管手続き中」という表示が出る。程なくするとeNomから「移管手続きが申請されたが本当にこれで合っているか?」と言う確認のメールが来る。本当に移管するつもりがないなら「今すぐここをクリックしろ」と英語で書いてあった。1月26日に申請を受け付け1月31日まで待つと書いている。この経過措置が終わるまでGoogle側で設定はできない。
  4. 一応Googleドメイン側には「ドメイン情報は全て引き継ぐ」と言う選択肢がある。しかしながらサブドメイン情報が引き継がれるかどうかはよくわからない。仮にサブドメイン情報が引き継がれなければ、サブドメインで運営されているブログはしばらくオフラインになってしまうかもしれないので注意してみておく必要がありそうだ。

メールアカウントはおそらくG Suite Legacy (無料版Google Apps)をキャンセルするまでは生きていると思うので、2月1日以降になんらかの手段を使ってメールアドレスを復活させる方法を探さなければならない。

また、2月1日までになんらかの問題が起これば対応しなければならない。

無料サービスはいつ切られても仕方がないのでアカウントのIDなどには使わないほうがよかったなあなどと後悔したが、後悔しても仕方がないので粛々と処理をしなければならないだろう。

このカテゴリーの記事はここで読めます。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

G Suite Legacy(無料版Google Apps)をやめてもドメインだけを使い続けることはできる

このカテゴリーの記事はここで読めます。

Google Appsとして知られていたG Suite無料版が廃止されると言う突然の発表があり驚きが広がった。価格設定が中途半端だったことや「解釈しない限り自動的に有料版に移行する」と言うやり方があまり好ましく思われていないようで「脱出法」が議論されている。たしサポートページの書き方がよくわからないせいで一部混乱も広がっているようだ。何ができて何ができないのかがよくわからないのである。

最初にこのニュースを読んだ時には、G Suite Legacy(無料版Google Apps)を解約すると今までのGoogleアカウントごとなくなってしまいドメインの管理ができなくなるのではないかと思いかなり慌てた。結論から言うとアカウントはなくならないしドメインも管理し続けることができるようだ。

サポートからは次のような返事が返ってきた。

無償版の G Suite を終了して、Google Workspace の有償版に移行しなくても、ドメインだけをそのままご利用することが可能です。ドメインはそのまま Google Domains に残り Google Workspace がなくてもご利用が出来ますのでご安心ください。

ただし、アカウントは残ってもメールがなくなる。このアドレスは色々なサービスの「ID」として使っているほかパスワードがわからなくなった時の救済アドレスになっている。これを避けるためにはどこかでメールサーバーを運営する必要がある。選択肢は三つあった。

  1. Google以外のメールサーバーを探す。現在格安レンタルサーバーを借りている。このサーバーにはメールサーバーがついているのでMXレコードを振り向けることで引き続きメールアドレスとして使うことができる。
  2. AppleのiCloudの有料版(iCloud+)を使うとカスタムドメインという機能を使い、メールアドレスの別名(エリアス)を自分が所有しているドメインで三つまで持つことができる。iCloud+は130円で50GBの追加ディスクスペースを持てるので価格としては良心的だろうと思う。気軽に撮影したムービーをそのまま保存しておいて編集用のMacに転送するような使い方ができるのだ。
  3. Googleドメインは100までの別名(エリアス)を登録しておいてG Mailに転送できる。ただしGoogleドメインは1400円(税別)でありこれまでの10ドルより割高になる。


eNomで引き続き管理する場合1と2が使えるのだがmxレコードの書き換えを行うと今までのmx情報が全て消えてしまいますと言う表示が出る。Gmailとの連携情報が全て消えますがいいですか?と言うことだ。なんだかよくわからない。

安く済ませるなら現状維持がいいのだろうが本当にG Suiteのアカウントがこれまでのように使えるのかがよくわからない。とにかくサポートページの書き方が技術的すぎてビジネスよりの文章になっていないのである。

そこでGmailのアドレスにドメイン管理を移したい。だがアカウントの移転のようなことはできないため、やむなくGoogleドメインにeNomから引っ越すことにした。

このカテゴリーの記事はここで読めます。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

G Suite Legacy脱出計画

このカテゴリーの記事はここで読めます。

Google Appsとして知られていたG Suite無料版が廃止されると言う突然の発表があり驚きが広がった。価格設定が中途半端だったことや「解釈しない限り自動的に有料版に移行する」と言うやり方があまり好ましく思われていないようで「脱出法」が議論されている。たしサポートページの書き方がよくわからないせいで一部混乱も広がっているようだ。何ができて何ができないのかがよくわからないのである。

2009年にGoogleを経由してドメインを手に入れた。この結果eNomにドメインが登録され自動的にGoogle Appsに結び付けられた。当時「無料でメールなどのトータルサービスが無料でついてくる」というのが売りだったのだ。この無料版の新規受付は2012年に終了したが無料版はそのまま使えることになっていた。

だが、10年の経過措置が終わるとGoogleは無料版サービス利用者を有料版に移行しますと言い出した。もともとドメインを使いたくて使い始めたのでドメインが使えなくなると困る。Google Compute Engeneを使い始めたばかりだったのでGoogleドメインに移行することにした。だが、何ができて何ができないのかがよくわからない。

結果から言うと「G Suite」をやめてドメインの管理だけをすることはできるようである。実は移行は必要なかった。だが移行すればこれまでよりも柔軟な運用ができることは確かである。eNomは意外と使いにくいのだ。

このカテゴリーの記事はここで読めます。

作者について

Macを使って、写真撮影・管理、レタッチと加工、MIDI楽器を使った作曲、YouTubeに使う動画の撮影と編集などがやりたかった。お金がないので「古いMacを使ってどうにかしよう」とヤフオクなどを漁り始めた。

だんだんガジェットMacを物色すること自体が楽しくなり、家に使いもしない古いMacBookなどが溜まりつつある。MacBookだけで、MacBook Late 2007, MacBook Early 2008, Late 2008, EarlyかMid 2009, MacBook Air 2010がある。どれも古いものばかり。

時々短いiMovieで加工したYouTubeビデオなどを上げているが、まだ編集の仕方がよくわかっていない。

中小規模のWordPressサイトはe2-microで十分

ブログのサーバーをGoogle Compute Enginenに移して10日が経った。現在は最低構成のe2-microで運営している。おそらくアメリカなど特定のマシンを選んで入ればほぼ無料で導入できたはずだが、なぜかモントリオールを選んでしまいちょっと失敗したなあと思っている。

無料枠についてはGoogleが公式サイトで説明している。

サイトのレスポンスなどを考えると距離が近いアジアのほうがいいという話もある。

ところが、当初このサイトは「過度な負担がかかっている」という警告が出ていた。やはりサーバーのスペックを上げざるを得ないのかなどと考えた。

最初は何を対処していいかわからず放置しておいたのだがxml-rpcというサービスが問題であるということがわかった。このサービスは今ではほとんど使われていないのだが古いシステムとの間の整合性のためにサービスとしては生きていてDDoS攻撃などの対象になってしまうらしい。

試しにこのサービスを切るプラグインを導入して1日置いてみた。1日に一度程度あった急激なネットワーク負荷がなくなりCPUの負担も上がらなくなった。やはり攻撃の対象になっていたのだった。

ml-rpcが攻撃されるたびに内部では何らかの処理が行われていたのだろう。ついでに高負荷のエラーが消えた。

つまり、中小規模のWordpressサイトはe2-microで十分だがxml-rpc対策をしないとGoogleのシステムから「過負荷がかかっていますよ」という警告が出るということになるということになりそうだ。

「無料」というと良さそうだが代わりにサーバーの管理は自分でしなければならない。一応コミュニティは存在するがあまり当てにならないようだ。一方で、共用サーバーは自分の事情ではないところでサーバー処理速度が落ちたというようなことがある。共用サーバーと同じくらいの料金で専用サーバーが持てるのはいいことなのかもしれない。

どちらを選択するかはその人次第と言えるだろう。

このカテゴリーの記事の全文はこちらから読めます。

中途半端な状態で設置してあったMediawikiがスパム被害を受ける

Google Compute Engineとは全く関係がない話なのですがMediawikiがスパム被害を受けました。旧サーバーを整理し「そもそも何が帯域を食っていたんだろうか?」ということを調べたところ、mediawikiがかなりアクセスされているようだということがわかりました。

このMediawikiは何かの事情で編集ができなくなりローカルに移行した記憶があります。内容は過去の読書記録でした。ふと「もういっかい最初から入れて見たら入るのではないか」と思い立ち、PHPのバージョンが上がっていることを確認、データベースを最初から作り直したところあっさりと更新に成功します。その日はそれで「よかった」と思いました。

次の日にローカルにあった内容を復元しようとして「誰でも編集ができる」ことを思い出しました。間抜けな話ですがすっかり忘れていたんですよね……wikiがどんなものかを。

で、全てのユーザーを見て見たところ100アカウントぐらいのスパムアカウントと膨大な数の新規ページができていました。Mediawikiはアカウントの削除とページの削減が難しく、最終的には手作業で潰して行くことになりました。

誰にも設置を告知していないわけですから前からおそらく狙われていたんだろうなあと思いました。利用帯域量からみて膨大なページができていた可能性もあります。

ですが古いデータベースを削除しているわけですからどんな恐ろしいことが起きていたのかは今となってはわかりません。

知らないって……恐ろしいです。

慌ててGoogle Analyticsのプラグインを入れました。ログインユーザーは感知できないんですが、誰かがサイトを踏んだら検知できるようにするためです。

あと設定も変えました。知っている人から見ると「何をドヤ顔で書いているんだ」と思われるかもしれませんが……

$wgGroupPermissions[‘‘][‘edit’] = false; //ユーザー以外のページ編集不可 $wgGroupPermissions[‘‘][‘createaccount’] = false; //アカウント新規作成の禁止

ですね。

これだけはやっておいたほうがいいです。

ということで中途半端に設置してしまうと大変痛い目を見るんだなあということをしみじみと感じました。

設置者自身がログインできない状態だったわけで表示も崩れていたんですがまさか新規の参加者が自由にページが作れるとは……全く盲点だったわけです。

このカテゴリの記事の全文はこちらから読めます。

乗りかかった船に完全乗船する

このあたりで古いサーバーが回復したので記事をエクスポートして新しいサーバーに全て移行しました。Wordpressってすごいなあと思ったのはメディアファイルを全部転送してくれるところです。FileZillaでファイルが全て移行されていることを確認し一安心しました。

次に検索エンジン対策ってどうするんだっけ?と思い始めました。Google Search Consoleに新しいサブドメインを登録し古いサブドメインのトップに.htaccessファイルを設置するだけでした。

やり方は「301リダイレクト」で検索するといくらでもでてきます。ですが、この時点までに確認できることは全て確認しないと以降のアクセスができなくなります。自動的に転送されてしまうために管理画面にさえアクセスできなくなるからです。

一応ネットには「管理画面だけは除外する」というやり方を書いている記事もあるので面倒でもちゃんと設定したほうがいいです。
つまり、あとあとめちゃくちゃ後悔しました。設定は一瞬ですが解除がなかなかできないので面倒になって「まあいいや」などと思ってしまいます。

あと、一旦URL移行を始めてしまうと元に戻れなくなります。ここが「引き返せない」というPoint of No Returnになってます。検索エンジンランキングなどは無事に引き継がれたようで「検索を開始しました」というお知らせがGoogle Search Consoleにあとからやって来ました。

サーチエンジン対策は終わりアクセス数は減らなかったのですが、そもそもアクセスが増える原因になったまとめサイトからの流入は失われてしまったようです。「これじゃ意味ないじゃん」と思ったのですが、もう引き返せないところまで来ていたわけですね。

このまとめサイトは素性がよくわからなかったのでどういう人が流入していたのかがよくわかりません。トラフィックばかり増えて収益が上がらないでは意味がないですし、拒否もできないですから大変悩ましいなあと思います。

この記事の全文はこちらから読めます。

兆候

朝起きたらサーバーが止まっていました。帯域いっぱいですというエラーが出ていたのでびっくりしたのですが、まさか自分のサイトが帯域を全部使い切ってしまったとは思っていませんでした。

あまりトラフィックがないサイトなので「まさか」だったんですよね。レンタルサーバー会社にキレ気味のメールを送りました。そして「自分でサーバーの状態が見られないからこんなことになるんだ」と思ってしまい、自分でサーバーを立ち上げることにしたわけです。これが間違いの元でした。

この記事の全文はこちらから読めます。