10年落ちのMacbookは使えるのか?

10年前のMacbook(Late 2006)を手に入れた。オークションでは人気のようで、10,000円程度の値段がついているものもあるが、うまく行けば3,000円くらいで入手できる。マックは体験してみたいが10万円も出したくないという人にはよい選択肢かもしれない。しかし「古いマシーンを買ってきても何もできないのでは」と思う人もいるかもしれない。これは実にもったいない。

外付けのテレビチューナーを使うとテレビにもなる
続きを読む 10年落ちのMacbookは使えるのか?

Mac mini G4を無線対応にする

wifiの付いていないMac mini G4で使うためにGW-USNANO2を購入した。あまり熱を持たないというユーザーレビューが決め手になった。機器が小さいので目立たずにいい感じだ。Airmac Extreme Cardを挿すという方法もあるのだが中古でも4000円近くする上に、アンテナキットを別に用意しなければならない。その上分解作業も必要だ。あまり現実的ではないだろう。

Mac miniのOSは10.5.8。インストールにちょっと癖がある。一応説明書はあるのだが、ほとんど当てにならなかった。インストーラーをダウンロードする必要があり、ネット接続できる環境が必要だ。

ドライバーをインストールすると再起動する。そこで機器を接続すると自動的にユーティリティが立ち上がり、接続ができるようになる。USBに刺して使うのだが、ネットワーク名前がEthernetになる。Airmacのポートを使うわけではないので、すでに54Mbps対応のairmacの付いた機器でも利用できるのだが、airmacでつないでから切り替えようとするとうまく行かないことがあった。混在はさせないほうがよいらしい。

この機器の問題なのかネットワークに問題があるのかは分からないが、Mac間のファイルのコピーなどはめちゃくちゃ遅かった。普通に有線でつなぐべきだろう。Webの閲覧やFTPの転送などは普通にできた。回線のスピードが分かるfast.comによると接続スピードは10Mbpsを超えない。ユーティリティ上では100Mbps以上出ていることになっているがこれは当てにならないようだ。

なおこの機械は10.3(いまどき持っている人がいるかは分からないのだが)には対応していない。少し大きいが、GW-US54Mini2Wが使える。ただし、10.3しか使えないMacはたいていの場合USB1.0にしか対応していないので低速になる。そもそも実用的なネットはできないのでファイル転送のためだけにわざわざ買うのはやめた方がよさそうだ。

古いMac OSと機能の関係表

macos古くからマッキントッシュを使っていると、古いソフトウェアなどを温存したくなる。一方で新しい機能は使えないことも多い。オークションや中古屋で物色する時に「このマシンは使えるだろうか」と思っても調べるのがなかなか面倒だ。

そこで表を作った。

まずはClassic環境から。これはOS9系のソフトウェアを使うのに必要。10.5(Leopard)から利用できなくなった。次はPPCのサポート。10.6(Snow Leopard)で廃止された。PowerPCのユーザーはこれ以上先のOSをインストールできない。さらに、ロゼッタ。PPCで使っていたソフトウェアは10.6まで使えるが10.7(Lion)には移行できない。一部のintel機は32ビット機のようで、64ビット機しかサポートしない10.7に移行できない。

Classcのソフトを使い続けるには

つまり、OS9のソフトを使い続けたければ10.4か10.3を持っていなければならない。

PPCのソフトを使い続けるには

同じくPPCのソフトを引き継ぎたい人は、ソフトを新しく買いそろえるか、10.6までの環境を持っている必要がある。

一方、古いOSではできないこともある。タイムマシンが導入されたのは10.5から。そしてストアが導入されたのは10.6からだ。さらに、iPhoneなどの機器と同期するためのiCloudは10.7(Lion)でないと使えないのだという。

iCloudが使えるOSは

iCloudを使うためには10.7が必要。Web版のiCloudは10.5でも使えるがローカルの住所録などを同期させることはできない。10.5でもIMAPを利用してメールを共有することは可能。ただし、iCloudのメールはiOS向けの機能なので、一台以上のiOS端末を所有している(あるいは他人のiOS機器を使わせてもらう)必要がある。

iCloudのWeb版は古いOSでも利用できそうだが、少なくとも10.3で試した所では、SSLの関係で安全な接続ができない。「このブラウザーは未対応です」というエラーが出る。SSL問題はメールソフトにも影響しており、25ポート以外のメールの送受信ができない。

つまり、OS10.3をインストールしたマシンでは古い環境を維持できるのだが、ネットに接続してウェブやメールを見るという使い方はできないのだ。

10.7以降のOS

10.7以降のOSの主眼はiOSとの連携に移ってきているようだ。最新のiOS機器を使い続けたければOSを更新する必要がありそうだ。ただし、OSも無料化しているので、古いOSを使い続ける人はそれほど多くないのかもしれない。

Atermではまったこと – 管理画面にアクセスできないとき


ネットワークの設定を見直している。2.4 GHz帯でルーターにしているF660Aの電波の具合が時々悪くなるのだ。いったん通信が滞るとルーターが置かれているところに行っていちいち再起動する必要がある。面倒なのでLANポートにもうひとつwifiルーター(Aterm WF800HP)をブリッジモードでつなぐことにした。こうすれば別の電波経由でLANポートからアクセスできる。リンクダウンが起きてもブリッジだけを再起動すれば、ネットワーク全体に影響を与えずに状態を復旧できるのだ。

だが手順を守らないとブリッジの管理画面にアクセスできなくなる。

  1.  ルーターでブリッジ(Aterm)の固定IPアドレスを登録しておく。ルーターが配布するDHCPの範囲を狭く(例えば、192.168.1.1-192.168.1.200)しておく。
  2. Atermのスイッチをブリッジ側にして、ルーターとブリッジをLanケーブルでつないでおく。
  3. Aterm(ブリッジ)側で詳細モードで[基本設定]に行き、アドレスを固定した上でIPアドレス自動補正機能を[使用しない]にする。アドレスはルーターに登録したものと同じにする。

この手順を守らないとかなり大変なことになる。Atermをブリッジモードしてしばらくすると管理画面にアクセスできなくなるのだ。Atermが勝手にIPアドレスを変更してしまうらしい。デフォルトでは192.168.x.210のはずなのだが、これが動くのだ。これを固定してやる必要がある。

詳細モードに行き、基本設定からIPアドレス自動補正機能を[使用しない]にする。すると現在のネットワーク構成(WANポートに何がつながっているか)を元にネットワーク構成が固定されるようだ。ここでIPアドレスを192.168.x.210に固定する。

もういくつかは作業が終わるまで原因が分からなかった。なぜか当初はブリッジが見られるのに、あるときから突然見えなくなる。何がなにやらさっぱり分からず、作業しているうちに疲れてきた。

AtermのWAN側に何も接続しないでブリッジモードでネットワークを構成してはいけないらしい。IPアドレスやゲートウェイが固定できないので、間違った情報が記憶されてしまうのだろう。必ずWAN側をルーターにつないでネットワーク設定しなければならない。

次は分かってしまうとなんてことはないのだが、DHCPサーバーに関するものだったようだ。作業をするときにONUからLANケーブルを外すとDHCPサーバーがなくなってしまう。すると作業しているパソコンがIPアドレスをなくしてしまうのだ。だから、通信できないのは当たり前。この状態でLANケーブルをつなぎなおしても状況は改善しない。Atermは自分が誰か分からなくなってしまうらしく、初期化しか方法がなくなる。

手順を踏めば簡単なのだが、それがわかるまで長い時間がかかった。

NECのサポートウェブページによると、あらかじめパソコン側のIPアドレスを固定すると良いのだという。例えば192.168.x.1のようにすると、DHCPサーバーなしでも通信ができるわけだ。

ネットワーク設定するときには頭の片隅にDHCPサーバーやルーターのことをイメージしておかないと「つながらない、うごかない」などと慌てふためくことになる。

なお、AtermWF800HPはLANポートの速度が100Mbpsしかない。無線LANが2.4GHz帯の場合は問題がない(54Mbpsでしか接続できないため)のだが、中継機能もないので、無線による中継や複雑な構成にするのなら、もう少しスペックが高いルーターを選んだほうがよいかもしれない。性能の比較はNECのページからできる。

iTunes -9812エラー

古いMac入れているiTunes7。いつのころからかAppleStoreに接続できなくなってしまった。エラーコードは-9812。サポートに問い合わせても「接続が不安定なんですよね」といわれるばかり……古いOSを容赦なく切り離すアップルだからもうサポートされなくなったのかなと半ば諦めていた。だが、サポートのスタッフは「うまくやればつながることもある」(どうすればいいかは教えてくれないのだが)という。

ということで、グーグル先生にご相談したら意外にも簡単に解決した。2015年6月に解決策が発見されたらしい。解決は簡単でキーチェーンからVerisignの証明書を削除するだけ。念のためにバックアップを取っておけという。シロウト考えでVerisignの証明書を他から持ってくればいいのかと思ったのだが、どうやら違うみたいだ。再起動してもVerisignの証明書は作成されなかったが不思議なことにこれで認証が通った。
以前に購入した曲を無事に聞くことができた。またライブラリの共有もできるようになった。ただしこちらは同一セグメント内にあるライブラリしか認識してもらえないようだ。理論的にはどこか1台のサービスにさえ音楽ファイルを蓄積しておけばよいことになる。

これで証明書関係の問題はすべてクリアされたのかなと思ったのだが、やはりメールソフトやSafariなどのSSLの問題は解決しなかった。

iPhoneのApple IDを分けて連絡先を引き移したい

家族で1台のiPhoneを共有したが子供が独立したので別のiPhoneを買った。そこで子供用に作ったiPhoneに連絡先などを分けたい場合がある。どうすればいいのか。

まず、新しいiPhoneでアカウントを作る。

次に古いApple IDアカウントを使ってパソコンからicloud.comにアクセスする。サインインしたら、連絡先のアイコンを選ぶ。画面の左下に歯車マークがあるので、それを押す。まず「すべてを選択」を押して[全てのレコード]を選択したら、[vCardを書き出す]を選ぶ。住所録がダウンロードされる。

いったんサインアウトしたら(画面の右上にある名前の右のやじるしをおすとサインアウトできる)今度は新しいApple IDを使ってサインインし、連絡先を選んで今度は「vCardを読み込む」を押す。

これですべての連絡先の移行が完了した。あとは、古いアカウントと新しいアカウントから要らないアドレスを消せば移行の完了だ。

なお、購入したアプリや音楽は引き継げない。iOS8以降、Yosemite以降のデバイスを持っていると「ファミリー共有」というサービスが使えるそうだ。ダウンロードするときだけAppStoreのアカウントを切り替えるという方法もあるのだろうが、クレジットカード情報のついたIDを他人と使い回すのは避けた方がよいのではないかと思う。

ワンセグチューナー DH-ONE/U2

ネットブックをワンセグチューナーに

IMG_0063リサイクル屋で拾ったネットブック。OSがWindows XPなのでメインで使うのははばかられる。かといって、CPUもそれなりに早くて捨てるのももったいない。そう思っていたところ、同じジャンクコーナーでバファローのワンセグチューナーDH-ONE/U2を見つけた。お値段は300円。箱もソフトもなかったのでこんな値段だったのかもしれない。カゴに入っていたので最初は何の機械なのかすら分からなかった。

ネットには電波を拾えないとか画質が悪いなどという悪い評判も載っている。ジャンクなので動かなくても文句は言えないのだが、ドライバーとアプリをネットでダウンロードしたところ、あっさりと動いた。

画像はそこそこだが

確かに画像は悪いのだが、付属のアンテナを置いたらそこそこの品質で見る事ができた。全画面表示にすると144pとか360pでYouTubeを見ているくらいの品質で、ときどきブロックノイズが乗る。一応番組表は付いているが、あまり先の予定は分からないようだ。iEPGに対応したWebの番組表も使える。

よく考えてみるとTVをまじめに見る事はほとんどない。たいてい流しっぱなしにして他のことをしている。だから画像のクオリティって意外と気にならないんだなあと思った。

試しに3分録画してみたところファイルサイズは9000kbだった。単位が一桁違うんじゃないのかと思うくらい小さい。ただし、ファイルを再生するのに録画したPCとチューナーが必要になる。チューナーが壊れると全ての番組を見る事ができなくなるそうだ。あくまでもちょっとしたメモ用というところだろうか。

ネット対応なので、俳優名などで検索して自動で録画くらいしてくれるのかなあと思ったのだが、そういうことはできないようだ。だが、料理番組を録画しておいて、台所に持って行ってビデオ再生して見るなんていう使い方ができそうだ。素直に気軽に使うのが一番だ。

あと、画面のスナップショットが取れる。よくTwitterで画面のキャプチャーとかしている人がいるが、こんな感じで手軽に撮影しているのかなあなんて思ったりもした。著作権的にはどうなんだろうか。口コミで宣伝になるからいいやという判断なのか。

TVを見ているとネットサーフィンなどはできない。CPUには余裕があるのだが、画面が小さすぎてそんな気になれないのだ。

アンテナが切れた

しかし使っているうちにアンテナ線が外れてしまった。細いので結構ここがいかれてしまうようだ。SMA端子というものだと思うのだが、情報がない上に、アンテナは1000円ちょっと高価である。

被覆を剥いてなんとか繋ぎ直したのだが、信号を受信しなくなった。以前は南側の窓辺に置いておいたのだが、そこだと受信ができない。西側の窓辺に置いたらなんとか受信してくれた。ということで作業をしているテーブルとは全く違ったところにノートパソコンを置いて音だけを聞いている。

ケーブルをかしめる金属もないのでビニールテープで止めたのだが、丁寧に扱わないとすぐダメになるだろうなあと思う。とはいえ古い機器なので新しいアンテナが売っているとも思えない。

ハードオフで無線LANのものと思われるアンテナを見つけた。価格は300円。DH-ONEはSMA端子が使えるようだ。つないでみたら室内でも問題なく受信するようになった。バッファロー付属のアンテナがよくなかったようである。新しいアンテナがどこのものかわからないのだが、接続部もある程度しっかりしているので、まだまだ活躍してくれそうだ。

 

ソニーのテレビは買わない方がいい

ソニーのテレビBraviaを持っている。KDL-20S2000という機種だ。ソニーといえば有名なブランドで技術力も優れていると思われがちだが、この当時のBraviaには致命的な欠点がある。5年くらいが経過すると突然デジタルチューナーが壊れてしまうことがあるのだ。

この状態になると「しばらくお待ちください」という表示が出たままになる。SONYは電源を抜いて2分待つというリセット法を勧めているが状態は改善しない。

「長期保証に入らないやつが悪い」という指摘もあるのだが、保証が切れた頃に壊れることが多いのでソニータイマーという名前までついている。

価格.comには同様の悩みを持った人たちが大勢書き込みをしている。ハンダ付けに難点があるようで「自分でハンダ付けをやり直した」という人がいる。電気的に壊れているのである。ハンダの材料が問題らしく「環境に優しい鉛フリーハンダ」を使っているせいでハンダ付けが不安定になっているというのがネットの人たちの見立てのようだ。

テレビは精密機械だからさぞかし複雑な壊れ方をしているのだろうと思うのだが実際にはそうではない。むしろハンダ付けという初歩的な技術力の低下によるものである可能性が高いようである。よく言われる「ソニータイマー」の正体はハンダが剥離するまでの期間だったのである。

もちろん修理は可能なのだが、出張料、技術料、部品代などがかかる。新しいテレビを買うか、外付けのレコーダーかチューナーなどを買った方がよさそうだ。実際に修理に来てもらった人によるとヒートガンというドライヤのお化けのような機械で基盤を暖めるのだという。初期型のちょっと高いテレビを買ったユーザーはこのためだけに日当を払うことになる。これではまるで罰ゲームだ。

これはよくある症状らしく、ソニーは専用のページを出しているのだが、反省する様子は見られない。ご丁寧に「テレビの買い替えを検討してはいかがですか?」と書いてある。新しいソニーのテレビは画面も大きくなりYouTubeなども楽しめるのだと言う。結構なことだが新しいテレビが壊れないという保障はない。テレビは捨てるのにもお金がかかるので、数年で買い換える余裕はない。

このソニーのテレビはモニターとしてはそこそこ優秀だ。色の再現もよいし装備されているスピーカーも悪いものではない。パソコンのモニターとして使うこともできるので現在ではモニターとしての余生を過ごしている。

地デジチューナーは構造が簡単なので熱に強い。最初から外付けにしておいた方が壊れる可能性は少ないだろう。だから、いっそのことテレビから撤退してモニターだけ売れば良いのにと思ってしまう。

なおソニー製品にはこの他にも問題がある製品が多い。中古で買ったデジカメは電池残量が少なくなると画面が震えだす。手ぶれ補正装置がついているのだがこれが暴走するようである。DSC-T系統に見られる症状で「分解したらおさまった」などという人もいる。こちらも価格.comに情報が出ているのだが、買う前にこれに気がつく人は多くないかもしれない。

またホームシアターシステムは独自のプラグを使っているのだが、抜き差しをしているうちに接点がゆるくなってしまう。内部でクリップ状になっている部分が曲がってしまうのである。これは多分プラグを買い換えれば解決できるのだろうが、すでに供給がなくなっており、対応のしようがない。

もっとも全てがダメというわけではない。初期型のDSC-P5というデジカメは中古ショップで324円で売られていたにもかかわらず今でもそこそこ電池がもつし写真も撮ることができる。ものによって品質がバラバラというのが本当の問題点なのかもしれない。

Exilm EX-S1

CIMG7980Exilimの初代カメラ。2002年に発売。124万画素もあるのにカードサイズでその上動画も撮影できるという当時としては画期的なデジカメ。録音できるもの(M1)とできないもの(S1)があった。録音できるもので4万円、できないもので3万円もした。ポケットから取り出してすぐに起動するのも便利だった。

欠点といえばレンズが固定式でマクロ撮影ができないという点くらいだ。

カード型でかさばらずに旅行に持ち運びができるというのは画期的だった。今となってみれば、携帯電話で写真撮影ができるので、コンパクトデジカメが軽いことは全く売りにならないかもしれない。しかし、当時の携帯電話のカメラの画質はそこまで良くなかったのだ。

しかしCCDとレンズが一体型になっているせいで、使っているうちにレンズが曇ってきた。最初はシミのようなものが映り込む程度だったのだが、徐々にぼんやりと白くなってきてしまった。さらにホワイトバランスの調整ができなくなり(サポートによると「寿命」だそうだ)白ぼけた写真しか撮影ができなくなり、最後には電源が入らなくなってしまった。

Airmacのブリッジモードは何のためにあるのか

Airmacに限らず市販の無線ルーターには「ブリッジモード」というものが付いている。この設定は何のためにあるのだろうか。

すべてのパソコンからインターネットに接続するぶんにはルーターでもブリッジでもどちらでも構わない。きちんと設定してやればそれなりに動作する。問題になるのはパソコン間での通信だ。それぞれの四角い箱で囲んである範囲を「セグメント」と呼ぶ(らしい)。それぞれのセグメントの中にあればファイル共有などができるのだが、セグメントをまたぐと共有ができないのだ。

network007

この例の場合、家にあるすべてのノートパソコンでファイル共有をするには、Airmacの設定を「ブリッジモード」にしてやる必要がある。すると、Airmacはセグメントを作らなくなるので、すべてのノートパソコンでファイル共有ができる。

さて、Macintoshにはインターネット共有という仕組みがある。実はこれもルーターのような働きをしているらしい。これをブリッジモードにすることはできない(できるにはできるらしいが、UNIXのレベルで操作しなければならないようだ)のだ。つまり、この図の右にある据え置き型パソコンはノートパソコンとはファイル共有ができないということになる。ファイル共有だけではなく、iTunesのAirplayも通さないので、スピーカーの共有もできない。多分、左のセグメントにある共有のハードディスクも認識しないはずである。この状態を改善するにはブリッジモードの付いた無線LANの機器を新たに購入しなければならない。

この図のように家庭内にあるインターネットへの出入り口が一つしかない場合、ネットワーク内にあるすべての端末には異なった番号(IPアドレス)が割り振られている必要がある。IPアドレスはDHCPサーバーが自動で割り振っている場合がほとんどだ。ルーターは他のルーターがどのような番号を割り振っているかを感知しないため、番号がぶつかると「二重ルーター」と呼ばれる状態に陥る。

また、予期しない機械がルーターとして動作している場合には、知らず知らずのうちに別々のセグメントができていることがある。セグメントをまたいだ場合、新しく買ったネットワーク機器が見つからないということになる。

逆にルーターをブリッジモードにしたところインターネットにつなげなくなったという事例もある。実はルーターだと思っていたものが、ルーターではなかったということがあるのだ。CATVでのネットワーク接続の場合にこのようなことが起こるケースがあるらしい。プロバイダーに「貸し出されている機器にはルーター機能は付いているか」という問い合わせをすると良いだろう。複数台のパソコンやその他のネットワーク機器を接続する場合、少なくとも1台のルーターが必要になる。

こうした諸問題を解決するには、すべてのネットワーク機器を紙に書き出し、IPアドレスを調べた上で、どの機械がどのような動作をしているのかを調べる必要がある。こうなると、いっぱしのLANエンジニアということになる。