ソニーのテレビは買わない方がいい

ソニーのテレビBraviaを持っている。KDL-20S2000という機種だ。ソニーといえば有名なブランドで技術力も優れていると思われがちだが、この当時のBraviaには致命的な欠点がある。5年くらいが経過すると突然デジタルチューナーが壊れてしまうことがあるのだ。

この状態になると「しばらくお待ちください」という表示が出たままになる。SONYは電源を抜いて2分待つというリセット法を勧めているが状態は改善しない。

「長期保証に入らないやつが悪い」という指摘もあるのだが、保証が切れた頃に壊れることが多いのでソニータイマーという名前までついている。

価格.comには同様の悩みを持った人たちが大勢書き込みをしている。ハンダ付けに難点があるようで「自分でハンダ付けをやり直した」という人がいる。電気的に壊れているのである。ハンダの材料が問題らしく「環境に優しい鉛フリーハンダ」を使っているせいでハンダ付けが不安定になっているというのがネットの人たちの見立てのようだ。

テレビは精密機械だからさぞかし複雑な壊れ方をしているのだろうと思うのだが実際にはそうではない。むしろハンダ付けという初歩的な技術力の低下によるものである可能性が高いようである。よく言われる「ソニータイマー」の正体はハンダが剥離するまでの期間だったのである。

もちろん修理は可能なのだが、出張料、技術料、部品代などがかかる。新しいテレビを買うか、外付けのレコーダーかチューナーなどを買った方がよさそうだ。実際に修理に来てもらった人によるとヒートガンというドライヤのお化けのような機械で基盤を暖めるのだという。初期型のちょっと高いテレビを買ったユーザーはこのためだけに日当を払うことになる。これではまるで罰ゲームだ。

これはよくある症状らしく、ソニーは専用のページを出しているのだが、反省する様子は見られない。ご丁寧に「テレビの買い替えを検討してはいかがですか?」と書いてある。新しいソニーのテレビは画面も大きくなりYouTubeなども楽しめるのだと言う。結構なことだが新しいテレビが壊れないという保障はない。テレビは捨てるのにもお金がかかるので、数年で買い換える余裕はない。

このソニーのテレビはモニターとしてはそこそこ優秀だ。色の再現もよいし装備されているスピーカーも悪いものではない。パソコンのモニターとして使うこともできるので現在ではモニターとしての余生を過ごしている。

地デジチューナーは構造が簡単なので熱に強い。最初から外付けにしておいた方が壊れる可能性は少ないだろう。だから、いっそのことテレビから撤退してモニターだけ売れば良いのにと思ってしまう。

なおソニー製品にはこの他にも問題がある製品が多い。中古で買ったデジカメは電池残量が少なくなると画面が震えだす。手ぶれ補正装置がついているのだがこれが暴走するようである。DSC-T系統に見られる症状で「分解したらおさまった」などという人もいる。こちらも価格.comに情報が出ているのだが、買う前にこれに気がつく人は多くないかもしれない。

またホームシアターシステムは独自のプラグを使っているのだが、抜き差しをしているうちに接点がゆるくなってしまう。内部でクリップ状になっている部分が曲がってしまうのである。これは多分プラグを買い換えれば解決できるのだろうが、すでに供給がなくなっており、対応のしようがない。

もっとも全てがダメというわけではない。初期型のDSC-P5というデジカメは中古ショップで324円で売られていたにもかかわらず今でもそこそこ電池がもつし写真も撮ることができる。ものによって品質がバラバラというのが本当の問題点なのかもしれない。

Exilm EX-S1

CIMG7980Exilimの初代カメラ。2002年に発売。124万画素もあるのにカードサイズでその上動画も撮影できるという当時としては画期的なデジカメ。録音できるもの(M1)とできないもの(S1)があった。録音できるもので4万円、できないもので3万円もした。ポケットから取り出してすぐに起動するのも便利だった。

欠点といえばレンズが固定式でマクロ撮影ができないという点くらいだ。

カード型でかさばらずに旅行に持ち運びができるというのは画期的だった。今となってみれば、携帯電話で写真撮影ができるので、コンパクトデジカメが軽いことは全く売りにならないかもしれない。しかし、当時の携帯電話のカメラの画質はそこまで良くなかったのだ。

しかしCCDとレンズが一体型になっているせいで、使っているうちにレンズが曇ってきた。最初はシミのようなものが映り込む程度だったのだが、徐々にぼんやりと白くなってきてしまった。さらにホワイトバランスの調整ができなくなり(サポートによると「寿命」だそうだ)白ぼけた写真しか撮影ができなくなり、最後には電源が入らなくなってしまった。

Airmacのブリッジモードは何のためにあるのか

Airmacに限らず市販の無線ルーターには「ブリッジモード」というものが付いている。この設定は何のためにあるのだろうか。

すべてのパソコンからインターネットに接続するぶんにはルーターでもブリッジでもどちらでも構わない。きちんと設定してやればそれなりに動作する。問題になるのはパソコン間での通信だ。それぞれの四角い箱で囲んである範囲を「セグメント」と呼ぶ(らしい)。それぞれのセグメントの中にあればファイル共有などができるのだが、セグメントをまたぐと共有ができないのだ。

network007

この例の場合、家にあるすべてのノートパソコンでファイル共有をするには、Airmacの設定を「ブリッジモード」にしてやる必要がある。すると、Airmacはセグメントを作らなくなるので、すべてのノートパソコンでファイル共有ができる。

さて、Macintoshにはインターネット共有という仕組みがある。実はこれもルーターのような働きをしているらしい。これをブリッジモードにすることはできない(できるにはできるらしいが、UNIXのレベルで操作しなければならないようだ)のだ。つまり、この図の右にある据え置き型パソコンはノートパソコンとはファイル共有ができないということになる。ファイル共有だけではなく、iTunesのAirplayも通さないので、スピーカーの共有もできない。多分、左のセグメントにある共有のハードディスクも認識しないはずである。この状態を改善するにはブリッジモードの付いた無線LANの機器を新たに購入しなければならない。

この図のように家庭内にあるインターネットへの出入り口が一つしかない場合、ネットワーク内にあるすべての端末には異なった番号(IPアドレス)が割り振られている必要がある。IPアドレスはDHCPサーバーが自動で割り振っている場合がほとんどだ。ルーターは他のルーターがどのような番号を割り振っているかを感知しないため、番号がぶつかると「二重ルーター」と呼ばれる状態に陥る。

また、予期しない機械がルーターとして動作している場合には、知らず知らずのうちに別々のセグメントができていることがある。セグメントをまたいだ場合、新しく買ったネットワーク機器が見つからないということになる。

逆にルーターをブリッジモードにしたところインターネットにつなげなくなったという事例もある。実はルーターだと思っていたものが、ルーターではなかったということがあるのだ。CATVでのネットワーク接続の場合にこのようなことが起こるケースがあるらしい。プロバイダーに「貸し出されている機器にはルーター機能は付いているか」という問い合わせをすると良いだろう。複数台のパソコンやその他のネットワーク機器を接続する場合、少なくとも1台のルーターが必要になる。

こうした諸問題を解決するには、すべてのネットワーク機器を紙に書き出し、IPアドレスを調べた上で、どの機械がどのような動作をしているのかを調べる必要がある。こうなると、いっぱしのLANエンジニアということになる。

iPhone 3Gsでできること

型番はMC134J/A。

CIMG7964iPhone3Gsと呼ばれるモデル。記憶容量は32GB。中古屋で4,000円で購入した。無線LANで使えるiPodといったところ。メモリが豊富なのでビデオや音楽を持ち運ぶ分には十分に使える。WIFIがあれば、iCloudも使えるし、Airmac Expressを使ってステレオに音を飛ばすこともできる。

iOSは6.1.6までしかアップデートできない。最近のメジャーなアプリはiOS7以上を必要とするのでほとんどのアプリは使えないと思った方が良いのだが、銀行系のアプリは使えるようだ。三菱UFJ銀行のアプリはワンタイムパスワードにも対応している。あとラジコが使える。Airplayにも対応しているので、クリアな音で(NHK以外の)ラジオを楽しむことができる。

IMG_0065最初はフリック入力を使いこなしてやるぞと意気込んでいたのだが、面倒になってやめた。キーボードが狭い画面の半分を占めるなんてばかげているとは思うのだが、みんなやっているわけですごいなあとは思う。代わりに300円でbluetoothのキーボードを買ってきた。ブラッドコム製だそうだ。大きさはiPhoneと同じ程度。パスワードの入力などに便利。あと、メモ帳にちょっとしたメモを残すくらいなら使える。日本語入力ができないと言っている人がいるのだが、FN+:で切り替わる。

SIMロックの解除はできないので、SOFTBANK以外では使えない。ソフトバンクは3Gs用のSIM在庫を持っていないらしく、コールセンターに電話してもありかを教えてくれない。プラン自体は残っていてデータ通信しないなら1,000円程度のプランがあるらしいのだが、そもそもSIMがないのだから使いようがない。電話として使いたいなら、アプリが潤沢な新製品の購入を検討した方がよさそう。

古いiPhoneのもう一つの利点は古いMacOSとの間でデータ通信ができることかもしれない。 iOSを7にバージョンアップしてしまうと、iTunes10.xでは同期作業ができなくなってしまう。このため、OS10.5.8からではバックアップなどの作業ができなくないのだ。まあWindows機で使えば言いだけの話なのだが。

コア・ウェーブ社製のDockケーブルが100円ショップで売られていた。データ転送はできないかもしれないと言われたのだが、充電・データ転送ともに問題なくできた。製品ラベルには「USB充電・転送ケーブル」と書いてある。この形式のケーブルはiPhone4までで使える。iPhone5以降に対応したライトニングケーブルは100円ショップでは売られていなかった。ダイソーには200円で充電・データ転送用のケーブルが並んでいるという情報がある。ライトニングケーブルはAppleが特許を持っていて格安の製品は作りにくいとのことである。

SONY Media Converter DVMC-DA1

CIMG7981アナログビデオをデジタルに変換するためのコンバーター。Firewire 400に接続するのだが、ソニーは同じ規格をi.LINKと呼んでいた。もともとVAIOで使うことを想定しており、 MacOSでは使えなかったのだが、OS10.2.1で対応したようだ。

iMovieやiDVDと連携して動く。その後、アナログビデオカメラ(テープを使うもの)が下火になり、こうしたシステム構成は過去のものとなった。解像度は640×480 (480p)だった。4.7GBのDVDディスクがあれば2時間のビデオが十分収まった。

メディアコンバータはメモリスティックが使えるものや周辺機器を操作できるものなど合計3種類が発売された。

PowerMac G4(PCIグラフィック)

PC100規格のSDRAM/128bitを利用する。128MBのものが4本刺さるのだが、1本空いている。しかし、RAMの規格が古すぎて、すでにアマゾンでの取り扱いはない。OS10.3.9くらいまでには対応するが、多くのモダンブラウザーは動かない。セキュリテイ上の制約があるようで、iTunesでミュージックストアに接続できない上、MailではSSLを使ったサービス(例えばGMAILなど)が利用できない。

代わりにOS9が走るので古いソフトを持っている人は利用価値があるかもしれない。 Macintoshは LANの設定が簡単なのでファイルサーバーとして使う事はできる。ただし、 128GBの壁というものがあり合計で256GB分のUltra ATAハードディスク(3.5inch)までしか利用できない。SCSIカードが刺さっており、SCSIデバイスも使えるのだが、既に出回っているものはないものと思われる。PCIカードスロットがあり、中古屋でカードを買うこともできるが、Macには対応していないものも多い。

PCIグラフィックモデルは Powermac G4の中では唯一Airmacカードに対応していない。そのため、無線LANネットワークにつなぐためには別のソリューションが必要なのだが、USB2.0に対応していないため、USBタイプのアダプターが使えないという欠点もある。

Firewire400ポートが付いておりそこから起動することができる。しかし、USB2.0が登場して以降、 Firewireを使った機器はほとんど発売されなくなってしまった。USBからの起動はできない。