デンドロビウム・キンギアナムの株分けと植え替え

3月末にデンドロビウム・キンギアナムの株分けと植え替えをすることにした。鉢から株を抜くのが一苦労で二つあるうちの一つは鉢が割れてしまった。最初の鉢はぎゅうぎゅうになっていて、花芽が二バルブしかつかなかった。こちらはハサミで切断した。

最初は丁寧に作業をしようとしていたのだが、そもそも鉢から抜くのが一苦労だった。ドライバーでこじ開けてなんとか鉢から外さざるを得なかった。ハサミで強引に分割したのだがバルブに傷が入ってしまった。

下の方は根だけになっている。かなりカピカピに乾燥させたりしていたのでこれでよく持ったものだなあと思う。全部で3株になったわけだが、2Lの水苔が全部なくなった。アマゾンでも高級品を売っているがホームセンターの安いもので十分だと思う。ちなみに299円(税別)だった。

株分けしない一つは大きなままで一回り大きな鉢に植え替えた。そこが割れた化粧鉢が残っていたのでここにいれた。こちらは生育スペースがあったので花芽が多く付いている。

このまましばらく室内でならしたら4月ごろから外に出す。デンドロビウム・キンギアナム系は比較的寒さに強いのでこれから直射日光にガンガン当てて夏の暑さで大きく育ててゆく。肥料は施しても施さなくても良いそうだ。この株は両方ともプロミックを1粒だけ施しておいた。室内で育てずに夏に思い切って陽に当てて11月くらいまで外で放置した方が花芽がつきやすかった。

肥料をやりすぎると花芽がつかずに高芽になるそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です