ヘリオトロープの挿し木実験

水切れになっていたヘリオトロープを買ってきて2週間くらいたった。水切れをした葉っぱは黒くなってしまうのだが根が生きていれば下から葉っぱが展開してくる。

2021/4/18

ここから一番長く伸びているものをさし穂として採集した。

2021/4/18

前回の実験から一度水差しにして根が出てきたら定植するのが良いことがわかっているのでしばらくこれで育ててみることにしたが、結局この時は根が出ることはなかった。気温が低かったのかもしれない。

2021/5/21

もう一度育ってきたので一番長い枝を取って見た。切り戻した時に分枝してくれることを期待したのだが分枝はしてくれなかった。

今回は水だけではなくセラミス植えにして見ることにした。浸した水に入れて経過観察する。仮にこれで根が出れば「気温が問題だった」ということになりそうだが、実際にはどうなるだろうか?

セラミスで一ヶ月以上ヒタヒタで管理をする。ピンとしてきたら(この時は一ヶ月くらい買った)おそらく根が出てきている。このままで水の量を減らしてゆき表面に根が確認できるようになったら赤玉土に切り替えて育てると良い。

ちなみに最初の回(4月)に水挿ししたベゴニアはヘリオトロープより早く根付いた。気温が低くても大丈夫らしい。こちらは6月に入ってから液肥をやり始めたので綺麗な葉が展開し花もつけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です