ヘリオトロープの挿し木実験

水切れになっていたヘリオトロープを買ってきて2週間くらいたった。水切れをした葉っぱは黒くなってしまうのだが根が生きていれば下から葉っぱが展開してくる。

2021/4/18

ここから一番長く伸びているものをさし穂として採集した。

2021/4/18

前回の実験から一度水差しにして根が出てきたら定植するのが良いことがわかっているのでしばらくこれで育ててみる。ただ、遅く始めてしまうと夏の暑さに負けて9月ごろに枯れてしまうことが多い。夏が来る前にしっかりした株を作れるのかが勝負になる気がする。

マダガスカルジャスミンの挿し木を成功させるには

マダガスカルジャスミンの挿し木を成功させるにはコツがあります。本で読むと「二、三節挿せばいい」などと簡単に書かれているのですが、それだけでは成功しません。

コツは梅雨時になって動き出す蔓を長めに採って深く植えることです。植木鉢だと根が動くのかきになるのですがペットボトルに挿して置いたら一ヶ月くらいで発根しているのが確認できました。メネデールなどの発根促進剤はつけていなかったと思います。

このままで8月を過ごし9月になって定植すると親株と同じくらいの大きさになりました。現在4年目ですが元気に成長しています。

ちなみに親株はすでに15年くらいが経過している古株です。新芽の伸びがなくなったら処分しようと思っていたのですが、いまだに新しい蔓が伸びます。マダガスカルジャスミンは新しい蔓にしか花芽がつかないので毎年思い切って選定したほうがいいです。

アヌビアス・ナナ・プチが知らないうちに大きくなっていた

デンドロビウム・キンギアナムを株分けした時に水苔が必要になった。自前でなんとかならないかと水槽を整理したのだが、結局自前のウィローモスだけでは足りず買い足すことにした。

ついでに水槽を整理した。生え放題になっていたウィローモスをすべて除去し素焼き鉢に少しだけくくりつけておいた。これが生えていい感じになってくれたらいいなと思う。

しばらくぶりにアヌビアス・ナナ。プチを見たのだがなんだか新芽が伸びていた。赤い矢印の方向にしか伸びないという奇妙な性質がある。

アヌビアス類は成長が遅いので数年単位で「気がついたら伸びている」ことがある。これももともと1株だったわけだが分離して石にくくりつけておいたらそのまま残った。実はもう15年くらいは育てていると思う。

もちろん水草は他にもあったわけだが、アマゾンソードなどはすべてなくなってしまった。ところがアヌビアス類は成長もしない代わりになくなることもない。3株あるのだがすべてウィローモスの下で健気に生きていた。

一つは株分けできるくらいは大きくなっているのだが触るのが面倒なのでそのまま沈めることにした。

アヌビアスナナはアンスリウムのような花をつけるそうだが、まだ一度も見たことがない。25度以上の温度ときれいな水が必要だそうだが花が咲く条件はよくわかっていないそうである。

デンドロビウム・キンギアナムの株分けと植え替え

3月末にデンドロビウム・キンギアナムの株分けと植え替えをすることにした。鉢から株を抜くのが一苦労で二つあるうちの一つは鉢が割れてしまった。最初の鉢はぎゅうぎゅうになっていて、花芽が二バルブしかつかなかった。こちらはハサミで切断した。

最初は丁寧に作業をしようとしていたのだが、そもそも鉢から抜くのが一苦労だった。ドライバーでこじ開けてなんとか鉢から外さざるを得なかった。ハサミで強引に分割したのだがバルブに傷が入ってしまった。

下の方は根だけになっている。かなりカピカピに乾燥させたりしていたのでこれでよく持ったものだなあと思う。全部で3株になったわけだが、2Lの水苔が全部なくなった。アマゾンでも高級品を売っているがホームセンターの安いもので十分だと思う。ちなみに299円(税別)だった。

株分けしない一つは大きなままで一回り大きな鉢に植え替えた。そこが割れた化粧鉢が残っていたのでここにいれた。こちらは生育スペースがあったので花芽が多く付いている。

このまましばらく室内でならしたら4月ごろから外に出す。デンドロビウム・キンギアナム系は比較的寒さに強いのでこれから直射日光にガンガン当てて夏の暑さで大きく育ててゆく。肥料は施しても施さなくても良いそうだ。この株は両方ともプロミックを1粒だけ施しておいた。室内で育てずに夏に思い切って陽に当てて11月くらいまで外で放置した方が花芽がつきやすかった。

肥料をやりすぎると花芽がつかずに高芽になるそうだ。

コリウスとヘデラのセラミス植えを作る

水挿しをしていたヘデラに根がついた。だいたい一ヶ月くらい水に挿しておくと簡単に発根する。
余っているセラミスを使って寄せ植えを作ることにした。念のために発根剤をつけて植えることにした。

コリウスは簡単に増やすことができる

暑さが厳しく気温が35度程度まで上がっているなかで、コリウスを剪定した。なぜかコリウスだけは元気に生育しているのである。剪定すると「もったいない」という気分になりつい水さししてしまうのだが、あまりにも暑いのでほどんどのものは枯れてしまう。水が悪くなってしまうのだろう。今回は短い茎なのでヨーグルトの容器に珪酸白土(ミリオンA)を入れて様子をみることにした。

そのまま水を確認するのを忘れてしまいしんなりしたのだが水を加えたところ復活した。そこで見てみるとこのように根がついていた。この間、わずか一週間である。ヨーグルトの器が光を通さないので根の張りが良かったのだとは思うのだがそれにしても元気である。ただ、コリウスばかり増やしても仕方がないので、これをどうするかはまだ決めていない。

ちなみに親株はこんな感じである。

アップルゼラニウムの増やし方

室内で育てたアップルゼラニウムが大きくなった。この鉢は通気性が悪いので植物を長い間育てるには向いていない。そこで鉢底石を1/2ほど敷き詰めたところ調子が良かった。この鉢にアップルゼラニウムが2株入っている。

と、同時に数が少なくなってしまった。ゼラニウム系は放置しておいても育つのでつい油断しているうちに数が少なくなってしまう。同じ時に買ったローズゼラニウムはいつの間にかなくなってしまった。

普通は枝をとって挿し木をするのだが、アップルゼラニウムには枝に見えるものがなく、そのまま葉っぱが根から生えているように見えるのだ。ローズゼラニウムには茎があるので実は同じセンテッドゼラニウムといっても育ち方が全く違っているのである。

最悪、庭植えにして溢れ種を待とうかなと思ってとりあえず抜いてみた。根が広がっているように見えるのだが、多分太いものは根ではなく地下茎ではないかと思う。ところどころ枝分かれをしているように見えるところがあるので、そこで分割した。観察が正しければ地下で枝分かれしているということになる。

ということで三つに分割した。このやり方がただしかどうかはわからない。ローズゼラニウムは育てている人が多く情報がいくつか出ているのだが、アップルゼラニウムにはネットの情報がほとんどない。最初の3日くらいは水を張ったままにして乾燥させないように育てて徐々に乾かして行こうと思う。

バラの挿し木

12月1日に庭にあったバラを剪定したらしく、枝がたくさん落ちていた。もったいないので水に挿しておいたところ、葉っぱが展開してきた。根は展開していないのだが、ダメ元で日本選んでルートンをつけて土に挿してみる。

その後、葉が展開してきたのだがまだ根が張る兆候はない。土に刺した二本のうち一本は茎が黒くなり脱落した。一本は一応生きているが葉っぱの勢いがなくなってきた。水挿しは葉が展開しているが三週間経ってもカルスができた兆候はない。結局一ヶ月くらいすると茎の力を使い果たしたのか枯れてしまった。

水挿しの方もそれほど成績はよくなかったのだが、3本のうち1本だけ生き残った。ソフトシリカミリオンAを入れた水を5cm程度入れたところにつけておいたのだが、2月の中旬にカルスが形成されていた。

3月に入って暖かくなってきたので根が張るまで待ったほうが良いのと思ったのだが、赤玉土に挿してみる。本当は古い土でも良いのだろうかなどと思ったのだが、念のために新しい土を買ってきた。

これでしばらく経過観察である。

 

ヘデラ・ヘリックスの整理と挿し木

家にある寄せ植えを整理してできたヘデラヘリックスの古い樹。枝が太くなっていて、もはや挿し木には使えそうにない。

そこで処分するつもりで、挿し木にした。冬なので根が出なくても構わないのだが、多分一ヶ月もしないうちに根が出てくるような気がする。出てきたら出てきたで考えようと思う。穴のない容器で水耕栽培したりと色々使える。もっともあまり手を広げすぎると、収集がつかなくなり水やりゲームみたいになってしまうのだが……

イベリスの挿し木

「いろいろ挿し木してみよう」シリーズの一環としてイベリスの挿し木を作った。

今回はゼオライト入りの水に挿してから二週間ほど放置している。そのあと、出根を確認して土かセラミスに植えるというやり方を取っている。イベリスもこのやり方でうまく行くようなのだが根の展開が若干遅い気がする。これが冬のせいなのか植物の特徴なのかはわからない。写真を見るとわかるように根が出るよりも先に新芽が展開してきている。寒さに強いものと思われる。

今までこのやり方で成功したものは次の通りだ。

  • ヘリオトロープ:ヘリオトロープはかなり水を必要とするらしく、逆に土に刺すとうまく行かなかった。詳しくはこちらから。
  • ロニセラ・レモンビューティー:木本性なのに意外なほど出根は簡単だった。詳しくはこちらから。
  • チェリーセージ:チェリーセージは出根が容易だがかなり水を必要とするようでセラミス植えは失敗しつつある。土に挿したほうがよさそうだが、調子に乗るといくらでも増やせてしまうので、遊び半分でやらないほうがいいかもしれない。
  • コリウス:種類により根の成長度合いが違うが冬に小さくなっても枯らせさえしなければ夏には大きくできる。例えばときめきリンダは挿した分だけ成功している。
  • ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト:これもヘリオトロープと同じように水挿しでないとうまく行かない。詳しい生育歴はこちらから。
  • ベゴニア:ベゴニアは種類によって根の出やすさが違っているようである。ベビーウィングはほとんど失敗がないが、センパフローレンス(いわゆる普通のベゴニア)は花の色により違いが出るようだ。ハイドロボールやセラミスに植えると観葉植物的に育つが、花をみるためには土に挿した上で定期的に肥料をやらなければならない。